ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 瀬戸大橋開通30周年記念瀬戸大橋絵画コンクールの受賞作品が決定しました!

瀬戸大橋開通30周年記念瀬戸大橋絵画コンクールの受賞作品が決定しました!

 瀬戸大橋開通30周年を記念し、岡山・香川県内の小・中学生の皆さんに瀬戸大橋の素晴らしさを再発見するとともに関心を深めていただくために、本州四国連絡高速道路株式会社が、本県実行委員会などと共同で募集していた「瀬戸大橋をテーマとした絵画」について、応募のあった1,444作品を選考委員により審査した結果、岡山県知事賞をはじめとする入賞作品10点及び入選作品30点が決定しましたのでお知らせします。
なお、岡山県知事賞をはじめとする入賞作品につきましては、4月8日(日曜日)に実施する「瀬戸大橋開通30周年記念式典」において表彰式を行うこととしております。

1 入賞作品(別添参照:受賞者の学年は応募時で表記しています。)
 (岡山県知事賞)
  ・小学校の部:岡山市立中山小学校3年 妹尾 愛花
         作品タイトル「夕方の瀬戸大橋」

  ・中学校の部:岡山市立岡山後楽館中学校3年 佐藤 歩
         作品タイトル「私の好きな場所」  

2 表彰式
  日時  平成30年4月8日(日曜日)瀬戸大橋開通30周年記念式典内
  場 所  瀬戸大橋与島パーキングエリア
  表彰者  岡山県知事・香川県知事・倉敷市長・坂出市長・早島町長・宇多津町長・本州四国連絡高速道路株式会社社長 
  
3 応募数 1,444作品(岡山県:1,101作品、香川県343作品)
      ※募集期間:平成29年12月5日~平成30年2月20日

4 総評
 ・応募点数も多く、厳しい審査となった。入選以上の作品の質は、非常に高い。
 ・入選の決め手は、作品に込められた作者のエネルギーである。
 ・構図や形、色など総合的に強く発信してくる作品が入選となって残った。
 ・「橋」というモチーフから、これだけ多様な絵画世界が生まれている点を、皆さんにもじっくりと楽しんでいただきたい。
   <審査員>
    ・鳴門教育大学大学院教授 山本朝彦氏
    ・岡山大学大学院教授   泉谷淑夫氏  他

5 展示
  入賞作品等については、巡回展示を行う予定としています。
 ・平成30年4月 8日(日曜日)~4月15日(日曜日) 瀬戸大橋与島パーキングエリア
 ・平成30年4月23日(月曜日)~4月27日(金曜日) 香川県庁
 ・平成30年5月 1日(火曜日)~5月 6日(日曜日) 岡山県天神山文化プラザ
 ・平成30年5月 9日(水曜日)~5月15日(火曜日) イオン坂出店
 ・平成30年5月21日(月曜日)~5月25日(金曜日) 岡山県庁1F県民室

6 問い合わせ先
  本州四国連絡高速道路株式会社 岡山管理センター
   担当:副所長  
  Tel:086-483-1100

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 報道発表資料 瀬戸大橋開通30周年記念瀬戸大橋絵画コンクールの受賞作品が決定しました!