ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 第11回岡山県新進美術家育成「I氏賞」 11名が1次選考を通過!

第11回岡山県新進美術家育成「I氏賞」 11名が1次選考を通過!

 「岡山県新進美術家育成支援基金」により実施する新進美術家育成支援事業について、次のとおり、第11回「I氏賞」1次選考通過者を決定しましたのでお知らせします。

1 「I氏賞」の趣旨

 本賞は、岡山県にゆかりのある新進気鋭の美術作家に対し、賞を贈呈するとともに、発表の場を提供するなど、創作活動を支援し、次代を担う美術家を育成することにより、岡山県の文化の振興を図り、もって日本の文化の発展に寄与することを目指しています。

2 賞の仕組み

 推薦委員から推薦された候補者について、1次選考(書類審査)と2次選考(実作品審査)を行い、受賞者を決定します。

  大 賞  1名以内(賞金300万円)
  奨励賞  2名以内(賞金100万円)

2 1次選考通過者(11名)

李  侖京 (工芸) 岡山市在住
上田 尚宏 (彫刻) ドイツ・ベルリン在住
江村 忠彦 (彫刻) 神奈川県相模原市在住
金  廷翰 (絵画) 岡山市在住
木村 恵子 (工芸) 広島県三原市在住
志村 佳苗 (絵画) 京都府京都市在住
野村 康生 (絵画) 倉敷市在住
藤原 有里恵(絵画) 岡山市在住
文谷 有佳里(絵画) ベルギー・ブリュッセル在住
守時 はるひ(絵画) 東京都武蔵野市在住
矢吹 沙織 (絵画) 東京都世田谷区在住
(※今年度推薦のあった候補者は45名でした。)

4 選考委員

高階 秀爾  (たかしな しゅうじ) 大原美術館館長〔選考委員長〕
川浪 千鶴  (かわなみ ちづる)  高知県立美術館企画監兼学芸課長
島  敦彦  (しま あつひこ)   金沢21世紀美術館館長
本江 邦夫  (もとえ くにお)   多摩美術大学教授
守安  收  (もりやす おさむ)  岡山県立美術館館長

5 選考作品展

実作品による選考作品展を開催し、2次選考を行います。
(1) 会期  平成30年1月30日(火曜日)~2月11日(日曜日)
(2) 会場  天神山文化プラザ
(3) その他 詳細については、後日お知らせします。

トップページ 報道発表資料 第11回岡山県新進美術家育成「I氏賞」 11名が1次選考を通過!