ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 岡山の美術2期を開催します。特別展示「日本工芸会中国支部60年のあゆみ展」「金谷哲郎・金谷朱尾子作品選」

岡山の美術2期を開催します。特別展示「日本工芸会中国支部60年のあゆみ展」「金谷哲郎・金谷朱尾子作品選」

岡山県立美術館では、岡山にゆかりのある美術作品を紹介する「岡山の美術」2期となる今回、日本工芸会中国支部創立60年を記念した特別展示と、彫刻家として独創的なモニュメントを創造する父の金谷哲郎と独自の人物表現を特徴とした日本画家の長女、金谷朱尾子の2人の芸術活動を紹介する特別展示「金谷哲郎・金谷朱尾子 作品選」を開催します。



1 会  期  平成29年5月24日(水曜日) ~ 6月25日(日曜日)
        *休館日:毎週月曜日  *開会式は予定していません。

2 開館時間  9時 ~ 17時(入館は16時まで)
       *5月26日(金曜日)「美術の夕べ」プレミアムフライデー 夜間開館19時まで

3 会  場  岡山県立美術館  地下1階展示室

4 展示内容
(1)特別展示 「日本工芸会中国支部60年のあゆみ」
日本工芸会中国支部は長年にわたり多くの作家を輩出し、地域に根ざした工芸文化の発展に尽くしてきました。支部創立60年を記念し、その足跡を特別賞である金重陶陽賞を受賞した作家の作品と支部から生まれた7人の人間国宝の作品を中心に当時の新聞記事とともにご紹介します。

(2)特別展示 「金谷哲郎・金谷朱尾子 作品選」
   金谷哲郎は石や金属を素材として構築した独創的な作品を創造し、彼の大作は公共空間のモニュメントとして県内外で多く見られます。長女の金谷朱尾子は岡山市に生まれ、画家の内面性を強く反映した独自の人物表現を特徴とした作品を制作するも51歳で他界しました。互いの造形性を尊重しつつも全く異なる芸術世界を模索し続けた父と娘の数々の作品を通して、2人の制作活動の軌跡を紹介します。  

(3)岡山の美術2期
  洋画    満谷国四郎、国吉康雄、中津瀬忠彦 など

5 観 覧 料  一般350円、大学生250円*、65歳以上170円*
※*年齢等の証明できるものをご持参ください。
※キャンパスメンバーズの大学生、高校生以下は無料です。

トップページ 報道発表資料 岡山の美術2期を開催します。特別展示「日本工芸会中国支部60年のあゆみ展」「金谷哲郎・金谷朱尾子作品選」