ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 県指定重要文化財・本山寺常行堂保存修理工事の現場公開を行います

県指定重要文化財・本山寺常行堂保存修理工事の現場公開を行います

県指定重要文化財・本山寺常行堂保存修理工事の現場公開を行います

久米郡美咲町定宗にある本山寺の常行堂は、江戸時代前期の建築といわれ、昭和34年に県の重要文化財に指定されました。近年屋根の傷みがひどくなったため、昨年度から屋根の葺き替え工事を実施しております。現在古い屋根材(茅)を撤去しており、常行堂の屋根の構造とともに今ではすっかり珍しくなった屋根に茅を葺く過程を見ていただくことができます。
ついては、一般の方々にも修理の様子を御覧いただくため、次のとおり工事現場を公開いたしますので、広報方よろしくお願いします。

 記


1 日 時 平成29年5月20日(土曜日)14時00分 14時20分 14時40分 15時00分の計4回
 ※1回につき15名以内、15分程度の見学・解説となります。
 なお、足場の安全確保のため1回の人数が多い場合は、時間の調整をさせていただきます。また、待ち時間で御希望の方には、境内にある他の建造物について御説明いたします。
2 場 所 久米郡美咲町定宗403
3 主 催 宗教法人本山寺
4 協 力 岡山県教育委員会 美咲町教育委員会
5 参加費 無料
6 その他 ・受付は、常行堂付近に設けます(添付位置図参照)。
      ・事前申し込みは不要です。
      ・荒天の場合は中止します。
            ・当日問い合わせ先 本山寺 電話0868-62-1050

お知らせ [PDFファイル/188KB]

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 報道発表資料 県指定重要文化財・本山寺常行堂保存修理工事の現場公開を行います