ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 障害者差別解消法の合理的配慮等に関する事例集及びあいサポート運動等の啓発ポスターを作成しました

障害者差別解消法の合理的配慮等に関する事例集及びあいサポート運動等の啓発ポスターを作成しました

 昨年4月に施行された障害者差別解消法では不当な差別的取扱いの禁止と合理的配慮の提供が義務付けられましたが、具体的にどのような行為が該当するのか分かりにくいため、県では官公庁や事業者等で行われた優良事例を写真やイラストでわかりやすく紹介する実践事例集を作成しました。
 また併せて、あいサポート運動や外見からは分かりにくい障害への配慮を求める各種マークを啓発するポスターを作成しましたので、お知らせします。

1障害者差別解消法・あいサポート運動実践事例集
(1)概要
県の相談窓口に寄せられた具体的相談を分析するとともに、県、市町村やあいサポート企業・団体等が実践した合理的配慮の優良事例等を紹介した実践事例集を3,000部作成しました。
(2)活用方法
県障害福祉課ホームページに掲載するととともに、県庁各課、市町村、関係団体、事業者等へ配付し、また、市町村説明会や事例発表会、あいサポート研修などで周知し、配慮を求められた場面で適切な判断がなされるよう、啓発活動を推進します。
2あいサポート運動と障害のある人に関するマークの啓発ポスター
(1)概要
県では、障害の特性を理解し、必要な配慮を実践する「あいサポート運動」を推進しており、その啓発と、外見ではわからない障害のある人に関する各種マーク(ヘルプマーク、サポートマーク、ハートプラスマーク、ヘルプカード)を紹介するポスター(A2サイズ)を500部作成しました。
(2)活用方法
市町村、交通事業者、あいサポート企業・団体等に配布、掲示を依頼するとともに、各種研修会等で活用し啓発を図ります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 報道発表資料 障害者差別解消法の合理的配慮等に関する事例集及びあいサポート運動等の啓発ポスターを作成しました