ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 這いつくばって、懸命に時代を生きた人々の資料-特別講演会「資料に出逢ってときめいて」開催-

這いつくばって、懸命に時代を生きた人々の資料-特別講演会「資料に出逢ってときめいて」開催-

 岡山県立記録資料館(岡山市北区南方)では、特別講演会「資料に出逢って、ときめいて」を開催します。今年の3月に退職をむかえる、定兼 学 県立記録資料館館長が、公文書や古文書などの様々な記録資料(アーカイブズ)との出会いや、記録資料から学んだこと中心に話をします。

概要

1 日時 3月12日(日曜日) 13時30分~15時00分

2 演題及び講師 
 「資料に出逢って、ときめいて」 定兼 学(県立記録資料館館長)

3 内容
  現在の真庭市にあった勝山藩の家老九津見家の資料や岡山空襲の罹災証明書などの資料との出逢いを紹介するとともに、日々泥まみれになり、這いつくばってその時代を懸命に生きてきた人々のことが分かる資料から、記録資料(アーカイブズ)の大切さを考える。

4 会場 きらめきプラザ401会議室(岡山市北区南方2‐13‐1)

5 定員 100名〈事前申込不要・当日先着順〉

6 問い合わせ先
〒700-0807 岡山市北区南方2丁目13-1
岡山県立記録資料館 (電話) 086-222-7838

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 報道発表資料 這いつくばって、懸命に時代を生きた人々の資料-特別講演会「資料に出逢ってときめいて」開催-