ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 「県民避難力強化推進モデル事業」の成果報告について

「県民避難力強化推進モデル事業」の成果報告について

「県民避難力強化推進モデル事業」の成果報告について

 本年度の重点事業で実施した「県民避難力強化推進モデル事業」の成果について、備中県民局が地域での防災活動において、中心的役割を担う防災士を対象に、避難所運営など災害時における実践的な知識を習得することなどを目的として開催する「防災研修会」のなかで報告を行いますのでお知らせします。
 なお、本件については、倉敷・総社・笠岡・井原・高梁・新見記者クラブにも同様のお知らせをしています。

1 日時

平成29年2月12日(日曜日) 10時00分~16時00分

2 場所

備中県民局 会議棟1階会議室
(倉敷市羽島1083)

3 参加者

防災研修会受講者、市町村職員等 50人程度

4 内容

(1)講義「岡山県の河川による災害について」(10時00分~11時30分)
    国土交通省中国地方整備局岡山河川事務所長 藤兼雅和
(2)「県民避難力強化推進モデル事業」成果報告(11時30分~12時00分)
    地域に専門支援チームを派遣して、現地のまちあるきやワークショップにより、住民自らが災害危険箇所の点検、避難場所や避難経路の確認を行ったうえで、世帯ごとに「災害避難カード」を作成することで、とるべき避難行動を明確化し住民の避難力を強化する事業で、次の県内3箇所(県民局ごとに1箇所)で実施した成果の報告を行う。
 ・備前県民局管内 妹尾さわやか団地町内会(岡山市)
 ・備中県民局管内 唐松地区自主防災会(新見市)
 ・美作県民局管内 上円宗寺地区(鏡野町)
(3)避難所運営ゲーム(HUG)の体験(13時00分~16時00分)
    災害時に開設される避難所をゲーム方式(HUG)で体験することで、避難所での役割や業務、運営方法などについて学ぶ。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 報道発表資料 「県民避難力強化推進モデル事業」の成果報告について