ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 報道発表資料 年に一度、藩主の気分で名月を愛でる 岡山後楽園恒例行事「名月観賞会」を開催します

年に一度、藩主の気分で名月を愛でる 岡山後楽園恒例行事「名月観賞会」を開催します

 岡山後楽園では、園内から中秋の名月をお楽しみいただく恒例行事「名月観賞会」を開催します。
 
〇概要
 開園時間を午後9時30分まで延長し、中秋の名月を楽しんでいただく行事で、毎年旧暦8月15日に開催しています。
 園内からは、操山の稜線から昇る名月を建物に遮られることなく観ることができ、市街地では後楽園でしか楽しめないお月見です。

〇開催日時
 平成29年10月4日(水曜日) 午後5時~午後9時30分(入園は午後9時まで)
  ・雨天決行(荒天など当日の天候によっては中止することがあります。)
  ・当日の月の出は、午後5時5分頃です。

〇催し
(1)芝生の開放
 普段は立入禁止となっている延養亭前から鶴鳴館前にかけての芝生を開放します。お弁当や団子等を持参して、芝生に座ってお月見を楽しんでいただけます。
(2)箏曲演奏
 延養亭で岡山三曲研究会のみなさんによる琴や尺八などの演奏が行われます。
(3)名月観賞茶会
 野点及び鶴鳴館での茶会
  ・茶席券:1,100円(茶席2席、後楽園入園料込み)
   ※当日券はありません。

〇名月観賞会限定「お月見弁当」の販売
  ・販売日時:当日午後4時30分~
  ・価  格:1,200円(税込)
  ・販売場所:後楽園売店
  ・販売方法:予約及び店頭販売 
        ※ なくなり次第終了
  ・予約受付:平成29年10月1日(日曜日)正午締め切り

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 報道発表資料 年に一度、藩主の気分で名月を愛でる 岡山後楽園恒例行事「名月観賞会」を開催します