ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ミクロものづくり岡山トップ 情報発信 > メールニュース一覧 > ミクロメールニュースNo442 ミクロものづくり大学「情報セキュリティセミナー~情報セキュリティ対策とデータ漏えいの防止~」開催案内

ミクロメールニュースNo442 ミクロものづくり大学「情報セキュリティセミナー~情報セキュリティ対策とデータ漏えいの防止~」開催案内

 岡山県では、「ミクロものづくり大学」として標記講習会を開催しますのでお知らせします。
 なお、お申し込みは、下記【7.申込方法】により、送付先へお送りくださるようお願いいたします。

ミクロものづくり大学
 「情報セキュリティセミナー ~情報セキュリティ対策とデータ漏えいの防止~」開催の御案内

 岡山県では、県内企業のものづくりの高度化を支援する「ミクロものづくり岡山創成事業」に取り組んでおり、その一環として、「ミクロものづくり大学」と銘打ち、講習会等を開催しています。
 現在、コンピュータは、我々の生産活動にとって必須の道具であり、その中に保存された情報が大きな価値を持つようになってきました。しかし、残念なことに、その情報を盗み悪用しようとする人たちがいます。また、その情報が外部に流出してしまうと組織としての信用は失墜してしまいます。2019 年12月上旬に起こった神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HDD)が流出した事件は、記憶に新しいところです。
 このような不幸な事件に巻き込まれないためには、正しい知識を身につけ、防衛策を講じることが必要です。
 そこで、今回のセミナーでは専門家をお招きして、「企業のための情報セキュリティ対策」と「データ漏えいを防ぐための大容量記憶媒体の安全な消去方法」についてお話をしていただきます。また、記憶媒体の安全なデータ消去方法についての実習も行います。
 なお、今回の内容は、コンピュータに代表される情報機器を使うすべての分野に共通するテーマなので、幅広い分野の方々の参加をお待ちしています。

1.日時

 令和2(2020)年2月12日(水曜日) 13時30分~17時00分

2.場所

 テクノサポート岡山中会議室・コンピュータ研修室(岡山市北区芳賀5301)

3.開催次第

13時30分

 開会

13時30分~14時30分

 講演1 サイバー犯罪体験型コンテンツによるセミナー

 講師 岡山県警察本部生活安全部サイバー犯罪対策課


  「我社で扱うデータは、社内に限定された内容なので、サイバー犯罪とは無関係」と考えていませんか?セキュリティ対策を疎かにしていた企業が、コンピュータウイルスに感染して、主要なコンピュータが使用できなくなり、長期間業務が停止した状態に陥ったという事例があります。また、コンピュータを乗っ取られ、それを悪用されたため、信用を失ったという事例もあります。今回は、コンピュータウイルスに感染した際の影響など、実際に起こりえるサイバー犯罪について、岡山県警が作成したコンテツで疑似的に体験してもらいながら、その対策についてお話します。

14時30分~14時45分

 質疑応答

14時45分~15時00分

 休憩

15時00分~16時45分

 講演2 データ漏洩をしない、させない!大容量記憶媒体の仕組みと安全な消去方法

 講師 独立行政法人 製品評価技術基盤機構
      製品安全センター(大阪)製品安全技術課 製品事故調査員 石島 悌(いしじま だい)氏

 不要なファイルが入ったゴミ箱フォルダを空にする、あるいは「完全に削除」という操作を行えば、データの消去は終わりと思っていませんか?実は、この状態は通常のアクセスができなくなっただけで、データは残っています。適切なツールを用いればそれを元に戻すことも可能です。過去の多くの大規模情報漏洩事件は、確実にデータが消去されていなかったことにより生じました。このような事件の当事者にならない方法をお話します。
 前半では、記憶装置の記録と消去の基本的な仕組みを解説し、安全な消去方法とツールの使い方についてお話します。後半では、実際に消去ツールを使って、データ消去の実習を行います。

16時45分~17時00分

 質疑応答

17時00分

 閉会

4.実習

 実際に、データ消去作業を行って頂きます。また、USBメモリを持参していただければ、消去ツールをインストールしてお持ち帰り頂けます

5.参加費

 無料

6.申込期限

 令和2年2月7日(金曜日)17時00分

 ただし、それ以前でも 定員(60名)に達した場合には締め切らせていただきますので、満員の際には御容赦ください。(お申込みの時点で既に定員に達していた場合には、御連絡いたします。)

7.申込方法

 お申込みは、E-mailかFAXでお願いします。
 件名(Subject)に「[DataSecu]セミナー参加」と書き、本文に以下のフォーマットで記入して、akio_miwa[at]pref.okayama.lg.jpにお送りください。([at]は半角の'@'に書き換えてください)また、データ消去の実習の参加希望の有無を記入してください。講義だけの聴講でも大歓迎です。

 ----------------------------------------------------
   Subject:[ Data Secu]セミナー参加
   会社名・学校名 :吉備団子機械株式会社
   所属      :生産技術部
   役職      :技術課長
   氏名      :岡山桃太郎
   E-mail      :momotaro@kibidango-m.co.jp
   郵便番号    :702-3456
   住所      :岡山市西区吉備の山1234
   Tel       :086-123-4567
   参加者氏名   :岡山桃太郎
   データ消去実習 :参加を(希望する。/希望しない。)
  --------------------------------------------------

 英数字は半角、それ以外は全角でお願いします。半角カナは使用しないでください。

【送付先】
 〒701-1296
 岡山市北区芳賀5301 岡山県工業技術センター 研究企画部 企画推進科 担当 三輪 昭生
 E-mail:akio_miwa[at]pref.okayama.lg.jp ([at]は半角の'@'に書き換えてください。)
 Tel:086-286-9601 Fax:086-286-9630