ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ミクロものづくり岡山トップ 情報発信 > メールニュース一覧 > ミクロメールニュースNo402 ミクロものづくり大学「繊維加工講習会」開催のご案内

ミクロメールニュースNo402 ミクロものづくり大学「繊維加工講習会」開催のご案内

 岡山県では、「ミクロものづくり大学」として標記講習会を開催しますのでお知らせします。
 なお、お申し込みは、下記【申込方法】により、申込先あてへお送りくださるようお願いいたします。

ミクロものづくり大学「繊維加工講習会」のご案内

 岡山県では、産学官が一体となって産業クラスターの形成に向けて「ミクロものづくり岡山創成事業」に取り組んでおり、その一環として、「ミクロものづくり大学」と銘打ち、講習会や技術相談会を開催しております。このたび、おかやまIoT推進ラボ協議会の後援を受け、岡山県アパレル加工研究会との共催により、繊維加工講習会を開催いたしますのでご案内いたします。
 ご関係の皆様におかれましては、多数ご参加くださいますようお願い申し上げます。

1 日時

令和元年10月30日(水曜日) 13時00分~16時30分

2 場所

テクノサポート岡山 1階 大会議室(岡山市北区芳賀5301)

3 内容 

(1)「天然藍染め 伝統技術を未来につなぐ」13時05分~14時50分
   (ほづあい研究所 相談役) アトリエIROIRO 代表 武村葉子 氏

講演概要
 天然藍は飛鳥時代に日本に伝来した歴史有る染料の一つです。本講演では藍の歴史を紐解きながら、日本の色(ジャパンブルー)として定着した経緯を紹介します。また、合成藍の登場で生産量が激減した天然藍でしたが、近年は天然藍の良さが見直され、各地で様々な取組が行われています。伝統技術を未来につなぐため、京都で行っている私たちの活動を紹介します。

休憩 14時50分~15時00分

(2)デニム・アパレル産業支援機関からの話題提供 15時00分~15時30分

    ・「出前講座(インジゴ染料の科学)概要紹介」 
      岡山県工業技術センター 応用技術部
            食品・繊維科 専門研究員 國藤勝士 氏

    ・「繊維マイスター制度について」
      倉敷ファッションセンター(株)  部長 川東正武 氏

    ・「岡山デニム海外プロモーション事業について」
      岡山県産業労働部産業振興課   主任 秋山貴志 氏

(3)「AIが変革するデニム・アパレルファッションの未来とは?」15時30分~16時30分
   ニューラルポケット(株)   CSO(最高戦略責任者)  周 涵 氏

講演概要
 画像や映像を解析する様々なAI技術を独自のアルゴリズムで開発し、アパレル、小売、商業施設や街づくり、通信領域におけるIoT・デジタル化の促進と、それを通じた消費者のライフスタイルの革新を目指しています。ファッションの流行を人工知能(AI)で予測するシステムなど、デニム・アパレルファッションにおける様々な取り組みを紹介します。

4 参加費

無料

5 定員

100名

6 申込方法/問合せ先

 (1)参加者のお名前・ご役職、(2)企業名、(3)所在地、(4)連絡先の電話/E-mailをご明記の上、10月23日(水曜日)までにE-mail又はFAXのいずれかにより、下記までお申し込みください。

【申込・問合せ先】
  FAX:086-286-9630 TEL:086-286-9600
  E-mail:yuuko_matsumoto@pref.okayama.lg.jp
  担当:岡山県工業技術センター 食品・繊維科 國藤 勝士・松本 侑子

★重要なお知らせ★

 現在、岡山県計量管理センターの移転建替工事に伴い、工業技術センター敷地内の外来駐車場(P1)のうち60台分が使用できないため、工事期間中は近隣に代替駐車場(P2)を設置しております。

 工業技術センターの代替え駐車場の位置図です。

 詳しくは下記、「駐車場の利用についてのお知らせ」をご確認ください。
 *駐車場の利用についてのお知らせ(2019年6月7日更新) → http://www.pref.okayama.jp/site/kougi/615441.html


 なお、駐車可能台数には限りがありますので、相乗りでお越しいただくなどのご協力をよろしくお願いいたします。

 また、ご来場にあたっては、最新の情報を岡山県工業技術センターWEBサイト等でご確認いただきますようお願いいたします。
 *岡山県工業技術センターWEBサイト → http://www.pref.okayama.jp/site/kougi/

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)