ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ミクロものづくり岡山トップ 情報発信 > メールニュース一覧 > ミクロメールニュースNo395 「溶接学会定期講座 2019年度 溶接入門講座(岡山開催)」のご案内

ミクロメールニュースNo395 「溶接学会定期講座 2019年度 溶接入門講座(岡山開催)」のご案内

 このたび、「溶接学会定期講座 2019年度 溶接入門講座(岡山開催)」のご案内がありましたのでお知らせします。本講座は中国地区では隔年の開催です。
 なお、参加申込みについては、下記「◇申込方法」によりお申し込みください。

              溶接学会定期講座
          2019 年度 溶接入門講座(岡山開催)
     
IIW 国際溶接技術者資格制度「特認コース」:J-ANB 認定講座
  ISO 14731/WES 8103 溶接管理技術者再認証審査クレジットポイント対象講座


●主催
 一般社団法人溶接学会 溶接教育委員会/中国支部

●協賛
 軽金属溶接協会,自動車技術会,ステンレス協会,スマートプロセス学会,精密工学会,
 石油学会,全国鐵構工業協会,土木学会,日本機械学会,日本橋梁建設協会,日本金属学会,
 日本原子力学会,日本建築学会,日本高圧力技術協会,日本航空宇宙学会,日本鋼構造協会,
 日本材料学会,日本接着学会,日本船舶海洋工学会,日本鋳造工学会,日本鉄鋼協会,
 日本非破壊検査協会,日本プラントメンテナンス協会,日本溶接協会,表面技術協会,
 腐食防食学会,レーザ加工学会,レーザ協会                (依頼中も含む)


 溶接・接合技術は、あらゆる製品・構造物の製造技術として、広く利用されています。溶接はアークなどの熱で材料を溶かして部材をつなぐ方法ですが、溶接するときにはさまざまな知識が必要とされます。

 本講座は、新入社員の方をはじめ、溶接に関わる製品や部材を使用するユーザの方、建築をはじめとする構造部材の設計に関わる技術者の方など業務上溶接の知識を必要とされる方を対象とし、溶接の各分野において経験深い権威ある講師が、全般にわたる溶接技術の基本を入門講座として分かりやすく解説いたします。本講座は東京では毎年の開催となりますが中国地区では隔年の開催となることから是非この機会にご参加くださいますようご案内申し上げます。

 なお、本講座はWES 溶接管理技術者の再認証審査クレジットポイントとIIW 国際溶接技術者資格制度の特認コースの履修ポイント対象になります。

◇期日

2019年11月18日(月曜日)・19 日(火曜日)

◇会場

岡山国際交流センター 2 階 国際会議場
〒700-0026 岡山市北区奉還町2-2-1
TEL:086-256-2905

◆本講座を受講することで、以下のポイントを取得することができます。

 IIW 国際溶接技術者資格特認コース履修ポイント:11.4pt(M1=2.2pt,M2=3pt,M3=1.3pt,M4=4.9pt)
 WES 溶接管理技術者 再認証審査クレジットポイント:16pt
 受講者には受講証明書を発行いたします。

◇プログラム

第1日目【11 月18 日(月曜日)】

(1) 9時30分~11時20分 溶接技術入門(110 分)

   工博 猪瀬幸太郎
        (株)IHI 技術開発本部 溶接技術部応用Gr 部長

    ものづくりにおける溶接技術の位置付け、各種大型構造物における
    溶接の歴史・溶接技術の適用状況・損傷事故例と安全性確保、溶接
    の基礎知識と溶接用語(材料,溶接施工法,溶接入熱,溶接欠陥,
    継手強度など)。

―― 11時20分~11時30分 休憩(10 分) ――

(2)11時30分~13時20分 溶接冶金入門(1)(110 分)

   工博 糟谷 正
       東京大学大学院工学系研究科 マテリアル工学専攻 上席研究員

    主な鋼材(炭素鋼)の種類と用途・性質。溶接によって生じる材質変化
    (組成・冷却速度と組織)。炭素鋼の溶接施工のポイント。

―― 13時20分~14時10分 昼食・休憩(50 分) ――

(3)14時10分~15時40分 溶接機器と制御(90 分)

   工博 門田圭二
       (株)ダイヘン 溶接機事業部 研究開発部

    汎用溶接法の紹介。被覆アーク溶接・MAG/CO2 溶接・TIG 溶接などの
    原理と特徴・機器および適用例。
    抵抗溶接の原理と特徴・機器および適用例。

―― 15時40分~15時50分 休憩(10 分) ――

(4)15時50分~17時40分 溶接設計入門(110 分)

   工博 有持和茂
        大阪大学大学院工学研究科 招聘教授

    鋼材の破壊と溶接継手の強度、溶接変形と残留応力、継手の基本設計。

第2日目【11 月19 日(火曜日)】

(5) 9時30分~11時20分 溶接冶金入門(2)(110 分)

   工博 岡崎 司
       (株)タセト 溶接技術部 部長

    ステンレス鋼の種類と用途・性質。ステンレス鋼の溶接施工の基礎知識
    (溶接欠陥,希釈率、シェフラー/デロング図)。

―― 11時20分~11時30分 休憩(10 分) ――

(6)11時30分~13時00分 新しい溶接プロセスと原理(90 分)

   工博 藤本光生
       川崎重工業(株) 技術開発本部 ものづくり推進センター 生産技術開発部 部長

    レーザ溶接、レーザ・アークハイブリッド溶接、摩擦撹拌接合(FSW)などの
    溶接プロセスの原理と特徴・適用例。

―― 13時00分~13時50分 昼食・休憩(50 分) ――

(7)13時50分~15時20分 溶接部の試験・検査入門(90 分)

   工博 河井寛記
       (株)IHI 技術開発本部 技術基盤センター 検査・計測グループ副主任研究員

    溶接部に用いられる試験・検査方法の種類とその特徴。溶接施工の進捗に
    応じて実施・採用される試験・検査の概要。放射線透過試験(RT)、超音波
    探傷試験(UT)、浸透探傷試験(PT)ならびに磁粉探傷試験(MT)などの非
    破壊試験方法の原理・特徴と適用のポイント。

―― 15時20分~15時30分 休憩(10 分) ――

(8)15時30分~17時20分 溶接施工管理入門(110 分)

   工博 浅井 知
       大阪大学大学院工学研究科 教授

    溶接構造物の品質マネジメントシステムとその概要。溶接施工管理技術者の
    資格制度。溶接構造物の溶接施工における留意事項とトラブル事例。溶接施
    工管理のポイント。

◇テキスト

 新版改訂「溶接・接合技術入門」(産報出版(株)発行)および副教材を用います。
 テキストは当日配布します。

◇受講料

会員   31,600円(消費税込)
      勤務先が賛助員の場合は、会員扱いとなります。
      共催・協賛学協会会員は、会員扱いになります。
非会員  42,800円(消費税込)

※テキスト代を含みます。ただし、昼食代は含みません。

◇定員

 80名(申込先着順で締め切らせていただきます)

◇申込方法

 溶接学会ホームページからお申込下さい。
  http://www.jweld.jp/ (溶接学会トップページ)
  https://jpp1.jp/jweld/basic/r1/ (2019年度溶接入門講座(岡山開催)申し込みページ)

◇受講者特典

 本講座を受講された方で、溶接学会の個人会員でない方が2019年12月末日までに、入会申込みをされると2019年度の会費免除特典(年会費:正員13,000円,学生員6,000円)でご入会いただけます。(ただし,入会金1,000円は必要です)是非この機会にご入会下さい。

◇問合せ先

 〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町4-20
 一般社団法人 溶接学会 講習会係
 電話 03-5825-4073 Fax. 03-5825-4331
 E-mail: jws-info@tg.rim.or.jp

◇支払い方法

 受講料は、次の口座へお振り込みください。

 【銀行】 銀行名:三井住友銀行 神田駅前支店
       口座名:一般社団法人 溶接学会
            (シャ)ヨウセツガツカイ)
       口座番号:普通預金 0086884

 【ゆうちょ銀行】
       口座:0 0 1 8 0 - 7 - 1 4 3 4 3 4
       加入者:一般社団法人 溶接学会
       ※ゆうちょ銀行「払込取扱票」をご利用の上、
         通信欄へ「入門講座受講料」と明記し、
         参加者名と受付番号をご記入下さい。

 ○受付の完了は、受講料を受領したときとなります。
 ○お支払後の払い戻しは致しませんのでご了承下さい。
 ○受講日前日までに受講取消しの連絡が無く欠席された場合は、受講料をご請求させていただきます。


【会場案内図】
 岡山国際交流センター 2 階 国際会議場
 〒700-0026 岡山市北区奉還町2-2-1
 TEL:086-256-2905
 JR 岡山駅西口から徒歩3 分
 案内地図http://www.opief.or.jp/oicenter/media/map.pdf

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)