ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ストローブ 株式会社

ストローブ 株式会社

科学技術の研究成果をものつくりに活かし、人々の健康や幸せに貢献します。

業種

その他

メッセージ

わたしどもは、旧日本石油ガス(株)(現JXエネルギー(株))の出資を受け2002年に創業して以来、いくつかの研究開発を行なってまいりました。社名のストローブ(STRAWB)のそれぞれのアルファベットは、Science Technology Research And Worldwide Bettermentの頭文字をとったもので、科学技術の研究成果をものつくりに生かし、世の中のお役にたちたいという願いを現しました。弊社ラマン増感試薬は、警察庁科学警察研究所及び産業技術総合研究所と共同で、「化学剤(びらん剤)の高感度検出」のテーマで、2016年度日本分析化学会、応用物理学会にて発表致しました。今後、極微量検知の現場でお役にたてるものと期待しております。


170_1.jpg 170_2.jpg 170_3.jpg


企業情報

社名ストローブ 株式会社
ヨミストローブ カブシキガイシャ
代表者代表取締役 今井 裕一
郵便番号〒716-0045
住所岡山県高梁市中原町1542-1
地図Google maps(34.7979,133.6156)
創業年月平成14年1月8日
資本金(万円)18150万円
従業員数(名)8名

問合せ先

URLhttp://www.strawb.jp/
Tel0866-56-0211
Fax0866-22-0468

事業内容

自社技術・製品の特徴

ラマン増感試薬は、極微量検査に使用できる世界で唯一の液体試薬です。

応用・利用可能範囲(適用可能な部品等)

化学剤、不正薬物、ガン細胞など

ポイント(製造可能な精度・材質等)

これまで低感度であったラマン分光の光シグナルを1万~100万倍増強し、標準物質で50nMから500μMの応答を確認しています。

主要製品

ラマン増感試薬

加工内容

貴金属ナノ粒子鎖状凝集体

導入したい技術

ハンディラマン

その他特記事項(認定資格等)

中小機構J-GoodTech採択スゴ技ニッチトップ企業

設備機器

設備機器名称等仕様・能力・メーカー等台数
顕微ラマン分光器RAM-300/7851
ファイバー式分光器SA-100VR1
超純水製造装置Milli-Q Integral31
電子天秤AV114CJP1
薬用保冷庫FMS-173GS1
製造作業台JWA-15001
電磁スターラーHP306251
卓上型クリーンブースMK-011
サイド実験台RA-1575K1
卓上型クリーンブースMK-011
卓上型クリーンブースMK-011
流し台AN-15751
超音波洗浄器ASU31
ラボベンチAH1
洗浄ベンチ一式 1
卓上ドラフトPPD-70()セット1

ID:170,20190320T100753Z,ストローブ 株式会社