ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

研究開発の取り組み

工業技術センター・大学等による高度研究開発を推進し、岡山ならではの技術シーズの創出を加速するとともに、コーディネート活動等により企業ニーズとのマッチングを図り、事業化に向けた共同研究グループの構築を促進しています。

岡山県工業技術センターでの研究開発

  • 塩素系薬剤の作用機構と高分子材料への影響に関する研究(H29~H31)

県内大学等での研究開発

令和元年度

ものづくり産業の高度化・新産業の創出につながる基盤技術研究

・生体安全性に配慮した高機能セルロース/ナノカーボン無撚糸および電気二重層キャパシタ部材への応用
(岡山大学大学院自然科学研究科 林靖彦)

・多核金属錯体触媒を用いる二酸化炭素還元と有用物質生産
(岡山大学大学院自然科学研究科 依馬正)

・安価な原料かつ低環境負荷な製法を用いる高性能絶縁材料の開発
(岡山理科大学理学部基礎理学科 東村秀之)

・炭素ナノ構造を持つ新活性炭と関連材料の量産技術研究
(岡山大学大学院自然科学研究科 池田直)

・ワイヤ放電加工高性能化のための新しい加工液フラッシング法の開発
(岡山大学大学院自然科学研究科 岡田晃)

・電池産業を先導する革新的電極材料の創出
(岡山大学異分野融合先端研究コア 仁科勇太)

・機電一体化SiCインバータの小型・高効率化および高信頼性化に関する研究
(岡山大学大学院自然科学研究科 梅谷和弘)

・誘電体を適用したEV用大容量リチウムイオンキャパシタの開発
(岡山大学大学院自然科学研究科 寺西貴志)

・リアルタイム解析による次世代二次電池の安全性評価技術の開発
(岡山大学大学院自然科学研究科 後藤和馬)

・次世代型電気自動車に適用可能な超高容量型リチウムイオンキャパシタの開発
(岡山大学異分野融合先端研究コア 松村一輝)

・EV化に適合する、軽量かつ耐熱性を備えた樹脂を産み出す新触媒の基盤技術開発
(岡山大学大学院自然科学研究科 押木俊之)

・EV用永久磁石材料を指向した高濃度ニッケル置換M型フェライトの新規合成法の開発
(岡山大学大学院自然科学研究科 中西真)

・ワイヤレス給電によるEVの走行中給電を実現する中継器用リアクタンス補償回路の開発
(岡山大学大学院自然科学研究科 平木英治)

・革新デバイス創出に向けたグラフェンナノリボン大量合成と集積化
(岡山大学異分野融合研究先端コア 小幡誠司)

・排熱発電電力蓄電システムを実現する高昇圧型電力変換回路の開発
(岡山理科大学工学部電気電子システム学科 麻原寛之)

・撥水・撥油表面を同時に実現する高分子イオン液体コーティング剤の開発
(岡山大学大学院自然科学研究科 渡邉貴一)

・IoT時代を支える小型デバイス間でのセキュア制御通信の実現
(岡山大学大学院自然科学研究科 野上保之)

・金型加工におけるデータマイニング手法に支援されたIoTシステムの開発
(岡山大学大学院自然科学研究科 児玉紘幸)

・ナノ構造集積化による希少元素を用いない太陽光エネルギー変換・CO2フリー水素製造技術開発
(岡山大学大学院環境生命科学研究科 高口豊)

・環境対応型エチレン-ビニルアルコール共重合体リン酸化物の開発
(岡山大学大学院自然科学研究科 沖原巧)

新規医療の創造に関する基盤技術研究

・テラヘルツ波ケミカル顕微鏡を用いたがん細胞高速評価装置の開発
(岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科 紀和利彦)

・化学、計算科学、医学を融合した感光色素を用いた医療用材料およびその関連機器の開発
(岡山大学大学院自然科学研究科 内田哲也)

・岡山発の革新的医療用針穿刺ロボットの開発:治験のための新たな安全機構およびインタフェースの開発
(岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科 亀川哲志)

・がん免疫サイクルの観点からみたAd-REICと分泌REICタンパク質の分子機構の解明と新規創薬
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 阪口政清)

・動脈硬化性疾患の治療を目指したBNCTのための新規標的性ホウ素製剤開発とその評価技術に関する研究
(岡山大学中性子医療研究センター 松浦栄次)

・多糖誘導体を用いた高操作性可視化粘膜下注入材の開発
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 松川昭博)

・新しい作用機序に基づく抗腫瘍薬
(川崎医科大学医学部 山内明)

・非ビッグデータ用の高効率的機械学習法を応用した腎性貧血に対するESA製剤の投薬管理システムの開発
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 大原利章)

・セルロースナノファイバーを応用した高機能歯科材料の開発
(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 長岡紀幸)

・新型インフルエンザウイルス出現時に流行規模を縮小できる高感度診断キットの開発
(川崎医科大学医学部 内藤忠相)

・平紐集積人工筋の開発と福祉用ウェアラブル装置への適用
(岡山大学大学院自然科学研究科 脇元修一)

機能性食品に関する基盤技術研究

・岡山県産黄ニラ由来ペプチドによる快眠誘導性機能性食品の開発
(就実大学薬学部 坪井誠二)

過去の研究開発の取り組みページにはこちらから