ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 教育委員会 「平成30年7月豪雨」災害に関連するお知らせ 倉敷まきび支援学校の被災の状況について【第2報】
教育委員会 「平成30年7月豪雨」災害に関連するお知らせ

倉敷まきび支援学校の被災の状況について【第2報】

 倉敷まきび支援学校に関連する情報をお知らせします。

 現在、学校近辺にて、国土交通省により小田川の堤防の改修が始まっており、倉敷まきび支援学校の運動場に機材を搬入し、工事が進んでおります。

 倉敷まきび支援学校教職員や県教育委員会職員が、安全に配慮しながら、被害状況を確認するとともに、学校周辺の道路、校舎2階部分等の片付けを中心に復旧作業を行っているところです。

 週末の14日(土曜日)~16日(月曜日)には、倉敷まきび支援学校教職員だけでなく、倉敷市災害ボランティアセンターとの連携の下で、県内の特別支援学校教職員や県教育委員会職員も、ボランティアとして作業に加わる予定です。

 倉敷まきび支援学校の復旧に向け、ボランティア等のお申し出をいただいた皆様、ありがとうございます。現在は、安全面や駐車場の確保等の関係で、一度にたくさんのボランティアが学校に入ることはできませんが、状況が変化した際には、改めてお願いしたいと思います。

 また、学校は地域に支えられており、地域の復興なしに学校の復興はありません。現在、各自治体が災害ボランティアセンターを設置していますので、下記参考サイトを御覧いただき、ぜひ、地域の復旧にもお力添えをお願いいたします。

<参考>
「【ボランティアへの参加を希望する児童生徒・教職員の方へ】被災地域でのボランティア活動について」(岡山県教育委員会Webサイト)
http://www.pref.okayama.lg.jp/site/407/566947.html


トップページ 教育委員会 「平成30年7月豪雨」災害に関連するお知らせ 倉敷まきび支援学校の被災の状況について【第2報】