ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 入札・業務委託 【New】平成30年度・平成31年度の建設工事入札参加資格審査申請について(第1回受付)(県内業者向け)

【New】平成30年度・平成31年度の建設工事入札参加資格審査申請について(第1回受付)(県内業者向け)

平成30年度・平成31年度の建設工事入札参加資格審査申請について(県内業者向け)

 平成30年度・平成31年度の建設工事に係る入札参加資格審査申請を希望される方のうち、県内に主たる営業所を設置する建設業者の方については、審査基準日が平成28年8月1日以降の経営事項審査の指定審査(現地審査)受審時に、入札参加資格審査申請を受付します。

 申請書については、下記によりダウンロードしていただいたくとともに、手引の内容を十分御確認の上、申請いただきますようお願いします。
 なお、ダウンロード対応によらない場合には、(一社)岡山県建設業協会(岡山市北区平和町5-10 Tel(086)225-4131)で購入していただくこともできます。

 いずれによる場合であっても、このホームページ上で最新の情報を公表しますので、申請の前にはあらかじめ必ずこのホームページを御確認ください。
【定例受付 第1回】

提出(受付)期間

受付場所

格付の有効期間

第1回

平成30年2月15日までの

経営事項審査の指定審査時

経営事項審査の指定審査

(現地審査)会場

平成30年6月1日から

平成32年5月31日まで

【留意事項】
 ※郵送による申請は、一切受け付けません。必ず責任者の方が持参してください。
 ※受付場所は県庁ではありませんので、御注意ください。

平成30年度・平成31年度の建設工事入札参加資格審査申請における主な変更点

【1】解体工事の追加
・改正建設業法の施行に伴い、解体工事業が追加されたことから、入札参加資格の審査申請対象業種として解体工事を追加する。
・また、同法の施行日時点で、「とび・土工工事業」の許可を受けて解体工事を施工していた建設業者については、「解体工事業」の許可を受けなくても解体工事を施工できることとされており、同法の経過措置期間中に限り解体工事への入札参加資格審査申請を認めることとしている。
・なお、当該経過措置の対象建設業者の解体工事に係る入札参加資格については、経過措置期間終了後にあらためて審査を行う。
 
【2】工事成績による主観点数の算出基準の見直し
・平成28年1月1日以降にしゅん功検査を行う工事から成績評定を見直しているが、主観点数の一部の算出に当該成績を活用するに当たって、基準点を含め算出基準を見直す。

詳しくは、申請の手引をご覧ください。 

建設工事(県内業者ダウンロード用)

     ※注意事項:申請書については、厚手の紙を用いるようにしてください。
【参考】
 消費税の完納証明書(その3又はその3の3)は、オンラインで請求し、税務署窓口で受け取ることも可能です。
※育児・介護休業規定に係る加点について、平成29年1月1日以降の審査基準日の場合、平成29年1月1日施行された改正育児・介護休業法に対応した規定を整備してある場合のみ、加点対象となります。手引の4ページも御参照ください。
 改正のポイントについては、以下に掲載しております「育児・介護休業法の改正のポイント」を御参照ください。
 改正点の詳細につきましては 岡山労働局 雇用環境・均等室(TEL : 086-225-2017)へ直接お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 入札・業務委託 【New】平成30年度・平成31年度の建設工事入札参加資格審査申請について(第1回受付)(県内業者向け)