ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 入札・業務委託 入札参加資格における主観点数の加点項目となる技術講座について

入札参加資格における主観点数の加点項目となる技術講座について

 平成30年度・平成31年度以降の入札参加資格における主観点の加点項目となる技術講座については、(一社)全国土木施工管理技士会連合会が行っている継続学習制度(CPDS)及び(公社)日本建築士会連合会が行っている継続学習制度(建築CPD)又は県が指定する安全講習等のいずれかの受講を加点対象としています。
 詳細については次の資料を御参照ください。
【注意】
 (1)CPDS・建築CPD 又は (2)県が指定する安全講習等 のいずれかを選択してください。(1)と(2)の併用はできません。
 例えば、(1)を選択する場合、(1)による加点の点数にかかわらず、(2)での加点は一切ありません。
 (1)に添付する証明書について、証明書の申請日や証明日については、提出日から3か月以内のものに限ります。また、電子証明書を印刷して添付される場合は、カラー印刷された証明書を添付してください。
 加点対象となる証明期間は、証明日(証明日が記載されていない場合は申請日)から5年間です。
 (公財)岡山県建設技術センターが実施する県指定講座の受講への加点は、平成28年度・平成29年度の入札参加資格を最後に終了します。

CPDS、建築CPDについて

 CPDS、建築CPDの講座内容及び詳細についてはそれぞれの団体へお問い合わせください。

県が指定する安全講習等について

 県が指定する安全講習等の内容及び詳細についてはそれぞれの団体へお問い合わせください。
       中四国基礎工業協同組合岡山支部 電話:086-430-1002

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 入札・業務委託 入札参加資格における主観点数の加点項目となる技術講座について