ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

現在、岡山県公立学校で勤務している先輩方のメッセージを紹介します。(写真とメッセージは関係ありません。)

小学校 教諭

■ 教師になろうと思ったきっかけは何ですか。

 「ピッと笛を吹きたい」「教育学に興味がある」「人と関わる仕事がしたい」「子どもが好き」などの思いが根っこにあり、学んでいく中でじわじわとその魅力にはまったという感じです。中でも、小学校を選んだのは、義務教育の中でも一番長い六年間、心も体もぐっと成長して、人格形成にも大きく影響するであろう六年間に自分も携わりたいと思ったからです。  

■ 教師になってよかったと思うことは何ですか。  

 自分のかかわりの中で子どもたちが良くも悪くも変わっていくのがすごくよく分かるようになり、「やりがい」とそれと同じくらい大きな「責任」を感じます。子どもの「分かった」「できた」「初めて」「楽しい」を一緒に味わえた時の喜びを知ってしまうと、それまでの疲れが吹っ飛んでしまいます。  

■ これから受験をする人にひとことお願いします。  

 コミュニケ―ション能力を高めること。見聞を広めること。繋がりをたくさん持っておくこと。たくさんの人とかかわることで、いろいろな人の考えを知ることができ、魅力も増すと考えます。「話していて魅力的な人」になれるよう、私も頑張ります。一緒に頑張りましょう。また、採用試験の突破に向けては、一緒に頑張る仲間を作って教え合うことが良いと思います。自分の頭の中を整理することもできますし、意欲的に取り組むこともできます。

ICT授業

高等学校 教諭

■ 教師になって取り組んだことは何ですか。  

 赴任先が進学校だったこともあり、教科指導を第一と考えていた。いかに数学に興味を持たせるか、入試で使える力を蓄えさせるかを考えていた。そのために、ただ教科書に書いてあることを教えるのではなく、実際に体験させることを念頭に置いていた。また、数学という教科を通して問題解決能力を身につけさせたいと考えていた。

■ どんな生徒を育てたいと思っていますか。  

 教科指導に加え、生徒の人間力の向上を強く考えるようになった。勉強の苦手な生徒の専門教科の力を伸ばすことと+αで、それ以上に社会に出るための人間力を身に着けさせることが必要だと思うようになった。そして、生徒の成長キーワードとして「愛される人」というビジョンを持つようになった。

■ 採用試験に向けてのエールをお願いします。  

 生徒の学力の向上はもちろん嬉しいですが、人間性の向上はそれ以上に嬉しいものがあります。みなさんも自分の理想や信念を胸に採用試験に臨んでください。そして、「熱い思いが目標を実現させます。」生徒を育てるという熱い思いを試験や面接にぶつけてください。

備前市立三石中学校

特別支援学校 教諭

■ 特別支援教育を目指したきっかけは何ですか。  

 社会福祉士の受験資格を得るための実習で、施設の職員の方が「特別支援学校での勉強がとても大事なんですよね。」と言われたことです。障害のある方が作業を頑張っている姿を見て、社会に出るために学校でどんなことを学習しているのだろう?特別支援学校ってどんなところだろう?というように考えるようになり、学校のこと、障害のことを知りたいと思いました。

■ 特別支援学校で働いて感じたことは?  

 子どもたちと密に関わるようになると、こんなことができるんだ、こんなことが苦手なんだ、と子どもたちの実態がよく  分かるようになりました。そうすると、支援や指導の仕方、教材の準備などを考えるのが楽しくなってきました。自分の考  えたことで子どもたちが笑顔になったり、分かって動いている様子を見たりすると、もっと何かできるのではないか、しな  いといけないのではないかと思うようになりました。

■ どんなことを大切にしていきたいですか。   

 特別支援学校の児童生徒の中には、私たちが当たり前だと思っていることが当たり前にできないことや、すぐにできると思っていることがとても大変なことなどがあります。しかし、苦手なことや経験したことがないことでも、それをしようと  頑張る子どもたちの姿、できたときの子どもの嬉しそうな顔を見るとこちらまで嬉しくなり、褒めることの大切さ、一緒に  喜ぶことの大切さを感じました。また、どのようにしたら子どもの笑顔が見られ、「わかった!」「また、したい!」と思えるのかなどを考えて授業づくりをしています。

算数 グループでの学び合い職場体験美星小

栄養教諭

■ 栄養教諭を目指したきっかけは何ですか。  

 高校3年生の時に栄養教諭制度が制定されたことから「栄養教諭」という言葉を授業で耳にする機会が多かったため、どんな授業なのか興味をもつようになりました。また、保育園での実習へ行かせていただいたことで、栄養教諭を目指そうと思い始めました。

■ 栄養教諭はどんな仕事をするのですか。  

 栄養教諭の職務内容は大きく分けて、「給食管理」と「食に関する指導」です。「給食管理」では、安心・安全でおいし  い給食を作るための衛生管理や、献立作成があります。地産地消献立や小中学生から募集した献立の実施、バイキング給食などを行っています。「食に関する指導」では、給食時間に学校訪問をしたり、教科や総合的な学習の時間にも指導を行っています。

■ 仕事をしていてどんな時にやりがいを感じますか。  

 採用されて1年目のときには、よそよそしかった児童生徒も、2年目、3年目になるにつれて、「この前、いただきます  とごちそうさまの話をしてくれた先生だ」と顔や名前だけでなく、話した内容まで覚えてくれていたことです。学校訪問を  したときに、「教えてもらったことを守ってるよ。」と言ってくれる子もいました。また、調理場で勤務していて、地域の方と児童が一緒に育てた野菜を使って料理をすることや、たくさんの給食を効率よく作るためにはどうすればよいかなどを  考えることもやりがいです。
大和小仲良し給食矢掛町立三谷小学校 ジャムづくり体験