ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 子育てカレッジ 【がんばっています! 備中子育て晴れの国】佐藤和順先生(岡山県立大学保健福祉学部保健福祉学科 教授)

【がんばっています! 備中子育て晴れの国】佐藤和順先生(岡山県立大学保健福祉学部保健福祉学科 教授)

【がんばってます! 備中子育て晴れの国】

 岡山県備中県民局では、次世代を担う子どもたちが、健やかに生まれ育ち、家族や地域で心豊かに生活できる環境を目指して、「備中子育て晴れの国」づくりを推進しています。

 ここでは、そんな子育て支援に取り組む人や活動をご紹介します。
 

佐藤和順教授(岡山県立大学保健福祉学部保健福祉学科)にお話しをうかがいしました

大学ではどのようなことを教えていらっしゃいますか?

 子どもにかかわる保育者として必要な知識である「教育基礎論」「教師論」「カリキュラム論」といった理論系を中心に教えています。学生にはちょっと堅苦しい内容ですね。しかし、学生とかかわることはとても楽しく充実した毎日を送っています。

学生さんにはどのように成長して欲しいとお考えですか?

佐藤和順先生の写真

 マニュアルで仕事をするのではなく、子どもにとって何が良いのか自分で考え、行動できるようになってほしいと願っています。そのためには人間としての引き出しが多い方が良いですね。県立大学の学生はまじめで、私が学生の頃のように授業を休むこともありません。(笑)でも机の前の勉強だけでは得られないものもあると思います。子育てひろばや実習先での親や子どもとの実際のふれあい、そして直接学業に関係がなくても、いろいろな経験をしたら良いと思います。大学生時代は忙しいといっても,この時期ほど自由に時間を使える時はないのです。部活・アルバイト・ボランティア・様々な人とのつきあいなど、いろいろなところで経験を積み重ねてもらいたいと思います。

 子どもに充実した生活、楽しい生活をおくらせるためには、周りの大人自身が「充実している。毎日楽しい。」という姿を子どもに見せる必要があります。私は学生に「自分が毎日楽しくないのに、どうして子どもを楽しくできるの」といつも言っています。学生時代に色々な「楽しい」を経験して人生を豊かにする。このことは家庭でも同じです。親が楽しそうに生活している姿を子どもに見せることは大切です。親の夫婦関係の満足度が高いほど、子どもは健全に育つという調査結果もあるくらいです。

親子交流ひろば「チュッピーひろば」が学内にありますが、いかがですか?

 個人的には親子にとっても、大学にとってもとても良いことだと思います。学生にとっては子どもだけではなく、保護者に関わることができる貴重な場でもあります。学生は幼稚園・保育所等に実習に行きますが、実習中は基本的には子どもとだけ関ります。保護者に関わることはありません。でも、実際に幼稚園・保育所で働くと、子どもとの関わりと同じくらい保護者への対応が必要となります。ですから,実際に親子の様子を見たり、直接話を聞いて、保護者に関わることができることは、とても良い学びの場だと思います。岡山県立大学には保育者を養成する学科の他にも栄養学科、看護学科、造形デザイン学科などがあり、色々な学科の学生がいろいろな観点から関わりを持ち学んでいます。
 また、キャンパスの中に子どもがいるのも良いですね。私はキャンパスの中で参加者に会うとにこにことした笑顔で必ず挨拶をします。お母さんたちの中には、何でこのおじさんは挨拶してくるのだろうと不思議に思っている方もいらっしゃるかもしれません。(笑)今は知らない人に挨拶しづらい社会になってしまいました。昔の地域社会の中では挨拶することは基本的なことでした。当たり前のことが難しくなったのです。でもこのキャンパスの中は、みんなが挨拶できたり困っている人の手助けをすることができる場であってほしいと思っています。ですから、学生には挨拶する、困っている親子の手助けをするといった私の姿を見せようと思います。それも教員としての大切な仕事でもあるとも考えています。 

今、地域ぐるみの子育て支援が大切と言われていますが、どのようにお考えですか?

 昔は地縁・血縁関係がしっかりしていました。三世代同居であったり、近所のおじさん・おばさんが、子どもが悪いことしていたら怒ってくれていました。現在は都市化・核家族化でそうした地域ぐるみで子育てをするといった機能が低下しています。
 そこで「目的縁」への移行が必要です。目的縁というのは、たとえば子育ての目的で集った人のつながりのことです。ママ友・PTA等がそれにあたります。子育てを通した集まりですから県大そうじゃ子育てカレッジも目的縁の一つです。同じ年頃の子どもを持つ親・学生・話を聞いてくれるスタッフの方々とのつながりがあります。カレッジの親子交流ひろばは、遠くの方も利用されますが、生活拠点から距離のあるところだからこそ話せることもあるかもしれませんね。

県大そうじゃ子育てカレッジとして、これから取り組みたい事等ありますか?

 今後お父さんの子育て参加ができるイベントプログラムなども展開したいと思います。
 今、「女性も社会に出て働きなさい。」と言われていますし、子育てが母と子だけの「孤育て」になっているともいわれています。このような状況を解消するためには、お父さんが子育てに参画することが大切だと思います。
 今どきのお父さんは、機会があれば、子育てに積極的に参加したいと思われていますから。ただ、父親の育児休暇制度はあっても日本では実際には使いづらいという意見も良く耳にします。
 スウェーデンでは、父親がベビーカーを押しているのは当たり前の光景です。しかしスウェーデンで調査をすると父親の意識が高いわけでもありません。休みを取らなければいけない、その間給与補償もある。つまり男も子育てをすべきだという制度があるから育児休暇をとってベビーカーを押しているのです。
 日本も制度をきちんと整えて、使えるようにすることが必要です。そうすれば社会の風潮もおのずと父親も子育てして当たり前ということになると思います。
 男女関係なく、本人が働きたいときには一生懸命働く。また、休みたいときに休める。これは子育てだけではなく、介護だって同じことです。子育てしたい、介護したいと思った時にはできる。個人が理想とする働き方が実現できる社会になれば良いと思います。

最後に子育てをしている親の方達に伝えたいことを教えてください。

 子育ての悩みというものは誰しもが持っています。特別なことではありません。悩みは人に相談するとそのほとんどが解消されるとも言います。子育てに悩んだときには、周りの友人や子育てカレッジのスタッフに相談してみてください。解決の糸口が見つかるかもわかりません。
 子どものことも大切ですが、保護者の日頃の生活の充実もとても大切です。たとえば自分のために美容院に行ったり、趣味を楽しむなどして、心の余裕を持って、子育てを楽しんで欲しいと思いますね。

お話をおうかがいして

 研究が大好きで、ワクワク毎日が楽しいとおっしゃられる佐藤先生。自らの子育ての反省から、子育ての研究をはじめられたとか。現在では、趣味はトイレ掃除というように家事も楽しくこなしていらっしゃるようです。

 今後とも、「おかやま子育てカレッジ」よろしくお願いいたします。

 佐藤先生のHPはこちらhttp://www7b.biglobe.ne.jp/~wajun/

県大そうじゃ子育てカレッジの取組

 様々な分野の大学の先生とひろばが協働の授業を行ったり、親支援のためのノーバディーズパーフェクトのプログラムの実施・スヌーズレン歌声広場・親子ダンス・親子で楽しむ音楽会の開催など親子向けの幅広い領域の事業が用意されています。また、子育て支援に取り組まれている方々への研修会を開催したり、地域支援者の連携を進める事業も展開されています。

協働授業の様子

チュッピーひろばの様子

子育て支援関係者達への研修の様子

(協働授業の様子)

(チュッピーひろばの様子)

(子育て支援関係者たちへの研修の様子)

学校の御紹介

 岡山県立大学は、地域社会で活躍できる人材を育成することを目的として岡山県により設立された大学です。保健福祉学部、情報工学部およびデザイン学部の3学部、ならびに各学部の上に大学院保健福祉学研究科、情報系工学研究科およびデザイン学研究科の3研究科を設置しています。
 保育者を養成する保健福祉学科(保健福祉学専攻と子ども学専攻)は、保健福祉学部にあります。
 佐藤先生が指導する子ども学専攻では、子どもや家庭・地域を理解し、指導・支援するための福祉と教育の方法や実践的な支援技術を併せ持ち、子どもの育ちと学びを支える人材の育成を目指しています。

トップページ 子育てカレッジ 【がんばっています! 備中子育て晴れの国】佐藤和順先生(岡山県立大学保健福祉学部保健福祉学科 教授)