ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県の離島 大多府島 (備前市・日生諸島地域)

大多府島 (備前市・日生諸島地域)

 
   史跡と伝説の島

 空からみた大多府島 島の風景 ふれあいの館かぜまち

島の概要

 日生諸島最南端にある島で、江戸時代には岡山藩の藩所がおかれていました。
 島を一周する自然研究路が整備されており、散策がてらに歩けば、
 往時を偲ばせる灯籠堂や六角井戸などの史跡に出会えます。

     【面   積】   0.4平方キロメートル
     【人   口】   102人(平成27年4月1日現在)
     【高齢化率】   48.0%

みどころ

  1 江戸時代・参勤交代の風待ち港! 往時を偲ばせる史跡が多数残る
  2 奇岩に富んだ景勝地 自然研究路は起伏に富みハイキングコースに最適
  3 元禄防波堤は国の文化財指定 「未来に残したい漁業・漁村の歴史文化財百選」に選定

 大多府灯籠堂 元禄防波堤 頭島から大多府島を望む

交通アクセス

 (電車) JR岡山駅からJR日生駅まで赤穂線で約60分。
      徒歩で日生港まで約15分。
      日生港から旅客船で約30分。
 (車)  岡山ブルーライン備前ICから日生港まで約10分。
      日生港から旅客船で約30分。

  ※旅客船の運行時刻等は、大生汽船株式会社(電話:0869-72-0506)へ御確認ください。

備前市離島振興担当窓口

    備前市役所総合政策部企画課(電話:0869-64-1871)

 地図(大多府島)


トップページ 岡山県の離島 大多府島 (備前市・日生諸島地域)