ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 農林水産総合センター 日照不足及び長雨に対する農作物等の技術対策について(緊急情報No.5)

日照不足及び長雨に対する農作物等の技術対策について(緊急情報No.5)

 本年は特に8月中旬以降、台風や停滞前線の影響により、降水量は平年よりかなり多く、日照時間は平年よりかなり少なくなっています。また、広島地方気象台が発表した週間天気予報(令和元年8月29日発表)では、さらに向こう1週間は、前線や湿った空気の影響で曇りや雨の天気となることが予報されています。
 今後、農作物等への影響が懸念されるため、現時点での状況を踏まえた対策を取りまとめたので、今後の気象情報に注意するとともに、本対策を参考に適切な技術指導をお願いします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 農林水産総合センター 日照不足及び長雨に対する農作物等の技術対策について(緊急情報No.5)