ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 農林水産総合センター 令和2年度 食料産業・6次産業化交付金に係る要望見込調査(6次化関連事業)について

令和2年度 食料産業・6次産業化交付金に係る要望見込調査(6次化関連事業)について

1 趣旨

 岡山県では、農山漁村の所得向上や雇用創出による地域の活性化を図るため、農林漁業者と食品事業者、流通業者、観光業者などの事業者がネットワークを構築し新商品の開発や販路の開拓、農林水産物の加工・販売施設の整備などの取り組みを支援しています。
 本交付金は国費を財源としていることから、本調査により6次産業化関連事業の所要額を把握します。

2 事業概要

事業の詳細について

採択基準、対象経費等、事業の詳細は下記「予算の要綱要領について」により、必ず御確認ください。

3 要望方法

(1)提出書類

(2)提出先

事業実施主体の所在地により、所管市町村の担当課へ提出してください。

(3)提出方法及び期限

事前に各市町村へ連絡の上、提出期限をご確認ください(9月4日頃目処)

4 注意事項等

(1)今後のスケジュールは次のとおりです。
 ア 要望のあった事業実施主体に対しては、関係課によるヒアリングを実施予定です。
 イ 令和2年2月頃に要望調査によるとりまとめを行い、県から国へ要望を提出します。
 ウ 令和2年4月以降、国との妥当性の協議を経て、県への割当内示があります。
  この段階で、事業実施の可否及び補助金額が把握できます。
 エ 交付決定後、事業着手となります。
 
(2)交付決定前に事業に着手したり、既に着手している事業については、交付の対象にはなりません。

(3)国の要綱要領の改正等により、事業内容、補助率、採択基準等が変更になる可能性があります。

(4)今回の要望調査は、令和2年度当初予算把握のために要望を調査するものであり、令和2年度の交付先を決定するためのものではありません。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 農林水産総合センター 令和2年度 食料産業・6次産業化交付金に係る要望見込調査(6次化関連事業)について