ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 農林水産総合センター 水稲における当面の技術対策について(生育情報1)

水稲における当面の技術対策について(生育情報1)

豪雨による冠水被害のあった水稲を除き、本年は、日照時間が多く平均気温も高かったため、水稲の生育は早生品種を中心に平年並~やや早めに進んでいます。しかし、梅雨明け以降は高温と少雨が続いており、今後も高温傾向が続くことが予想されています。今後の気象情報に十分留意し、高品質米生産対策の徹底をお願いします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 農林水産総合センター 水稲における当面の技術対策について(生育情報1)