ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 管内農業情報(井笠) 矢掛町で二人目となるぶどう栽培の農業体験研修が終了し、実務研修へ

矢掛町で二人目となるぶどう栽培の農業体験研修が終了し、実務研修へ

1 市町村名矢掛町

2 内 容  
   矢掛町で5月10日から実施していたぶどう栽培の農業体験研修が、6月9日に終了した。
終了式では、研修生と研修受入先の「農業生産組合 水車の里農園」の代表者を含めて関係機関11人が参集した。
体験研修を終えた研修生から「ぶどう栽培を事前に勉強していたが、実際に作業しながらの研修はよく理解できた。できれば実務研修も受けたい。」と感想があった。
   式終了後に、農業実務研修実施検討会が行われ、実務研修の実施の有無について各機関から意見を出しあった結果、研修姿勢も良く、矢掛町での就農意欲も高いことから、8月から実務研修を実施することになった。
普及指導センターは、就農につながるよう受入先である「水車の里農園」、JA倉敷かさや矢掛ぶどう部会や矢掛町等と連携し、効果的な研修を実施するとともに営農計画の作成や農地の確保を支援することとしている。


トップページ 管内農業情報(井笠) 矢掛町で二人目となるぶどう栽培の農業体験研修が終了し、実務研修へ