ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 管内農業情報(井笠) 笠岡市でいちご共励会を開催

笠岡市でいちご共励会を開催

  平成28年度JA倉敷かさや笠岡いちご共励会が2月27日、笠岡営農センターで開催された。
共励会には、JA倉敷かさや苺専門委員会員が栽培した「紅ほっぺ」9点、「ゆめのか」5点の計14点が出品された。井笠農業普及指導センター所長を審査長に、関係機関の職員が審査にあたり、笠岡市長賞含め4点の入賞を選んだ。入賞者への表彰は、栽培終了後の総会で行われる。
  本年は、出荷の開始が多くの生産者で遅れていたが、共励会には大粒で良質のイチゴが多く出品されており、審査員は慎重に外観や食味の審査を行っていた。
   農業普及指導センターでは、今後も安定生産の支援を行っていく。

※JA倉敷かさや苺専門委員会は、笠岡湾干拓地を中心に11戸の生産者で構成され、栽培面積は129a、主要品種は「紅ほっぺ」、「ゆめのか」である。(H28年度作)

審査風景

糖度測定

審査の様子

JA職員による糖度測定
 

トップページ 管内農業情報(井笠) 笠岡市でいちご共励会を開催