ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 管内農業情報(井笠) 「地区の水田は地区の住民で守る」江良集落営農組合設立

「地区の水田は地区の住民で守る」江良集落営農組合設立

   平成29年2月12日、矢掛町江良地区で町で10番目の集落営農組織となる「江良集落営農組合」が設立された。組合員38戸、経営面積1.7haで水稲(飼料用米)、黒大豆を栽培する。平成30年度からは地区のため池改修やほ場整備も予定されており、将来的な受託面積の増加を見込んでいる。当面は任意組織で運営するが、加工品や特産品の取組も検討しながら数年後の法人化を目指している。
   普及センターでは平成26年から地元の意向を受け、アンケート調査や座談会での説明、他地域集落営農法人の視察研修等、支援を行ってきたが、今後も引き続き経営の安定化と法人化に向けた支援を行う。
   
 

設立総会の様子1

設立総会の様子2

設立総会の様子1

設立総会の様子2
 

トップページ 管内農業情報(井笠) 「地区の水田は地区の住民で守る」江良集落営農組合設立