ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 教育委員会 銃砲刀剣類を見つけたとき

報道発表資料(教育委員会)

公立学校一覧

市町村教育委員会一覧

教育長

教育委員会
県立学校入試・転入学
教員免許状・採用情報
授業料・奨学金
申請・手続
家庭・地域の皆さま向け資料
教職員向け資料
各種計画・プラン
各種審議会・会議
学校一覧・調査・統計
相談窓口

銃砲刀剣類を見つけたとき

Q:  自宅の屋根裏や納屋、倉庫などで、日本刀や火縄銃が見つかった時はどうすれば良いのでしょうか。

A:  これらの刀や銃は銃砲刀剣類と呼ばれ、所持するには登録証が必要です。

 

登録の手続き

  1. 銃砲刀剣類を発見した時はまず、発見場所の最寄りの警察署に現物を持って行き、銃砲刀剣類の発見届を行ってください。
    届出を行えば、警察署が銃砲刀剣類発見届済証を発行します。
    <手続きに必要なもの> 発見した銃砲刀剣の現物及び印鑑
  2. 文化財課から、直近の銃砲刀剣類登録審査会の案内の葉書が届きます。
    銃砲刀剣類発見届済証(届出警察署が発行)と現物(発見した銃砲刀剣類)を審査会場に持参してください。
  3. 登録審査会においては、国の定めた登録基準に適合するかどうかを審査します。
    登録可能と判断された場合は、登録証を発行します。

 <注意>

  • 登録証がない場合は、不法所持となります。決して紛失しないようにご注意ください。
  • 届出をされた方には、教育委員会から「銃砲刀剣類登録審査会」案内を送付します。
    (審査会開催日のおおむね1ヶ月前までに、警察署に発見届をされた方が対象です。)
  • 県庁の教育委員会へ現物を持参しないようにお願いします。県庁へ持参されても審査はできません。

審査会

  審査会は例年、次の予定で開催しています。
  通常は、住所地に近い会場をご案内しています。(早めに審査を受けたい方は、お申し出ください。)

  ≪審査会開催時期(例年)≫

 

 

  • 岡山会場 (4月、6月、8月、10月、12月、2月)
  • 津山会場 (5月、11月)
  • 真庭会場 (7月)
  • 倉敷会場 (9月)
  • 備前会場 (1月)
  • 高梁会場 (3月)

 

問い合わせ先

  岡山県教育庁文化財課 文化財保護班
   〔電話〕086-226-7601
   〔FAX〕086-224-5591
 

銃砲刀剣類登録手続きの流れ


(1)銃砲刀剣類を発見されたら、最寄りの警察署まで届け出てください。
発見した銃砲刀剣類の現物と印鑑が必要です。
(2)警察署から発見届出者へ発見届出済証が交付されます。
(3)警察署から、県教育委員会へ発見届出者の名簿が送られてきます。
(4)県教育委員会から、発見届出者へ、審査会の案内をお送りします。
(5)発見届出者は、審査会案内の指示によって、審査会場にて登録申請を行っていただきます。
(2)の発見届出済証と、現物を会場にご持参ください。
(6)

登録審査によって、登録基準に適合していると判断された銃砲刀剣類には登録証を発行します。
なお、登録には1件あたり手数料6,300円が必要です。

登録の流れの図
刀剣類

トップページ 教育委員会 銃砲刀剣類を見つけたとき