ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 備中県民局 平成30年度医療・看護・介護連携推進研修会を開催します!  平成31年2月26日発表

平成30年度医療・看護・介護連携推進研修会を開催します!  平成31年2月26日発表

 超⾼齢社会の到来を踏まえ、医療や介護を必要とする状態になっても、住み慣れた地域で⾃分らしい暮らしを最後まで続けることができるよう、医療・看護・介護の切れ目ないサービスを提供
できる体制を構築する必要があります。
 今回は、身近に起きた⻄⽇本豪⾬災害を振り返り、それぞれの機関の対応と今後に向けて円滑な連携を築くためにどうあるべきかを考える機会として、次のとおり研修会を開催しますのでお知らせします。

1 日時

平成31年3月7日(木曜日)13時30分~15時45分

2 場所

川崎医科大学附属病院 本館棟8階大講堂

3 主催

岡山県備中保健所・備中保健所医療・看護・介護実務者連絡会

4 対象

介護支援専門員・地域包括支援センター職員
医療機関職員(医師・SW・看護師等)・訪問看護ステーション職員
⾏政職員 等

5 内容

シンポジウム
『豪雨災害、あの時を振り返り、災害時における連携のあり方を考える』
コーディネーター 吉備国際⼤学保健医療福祉学部看護学科 教授 中瀨 克己 氏
シンポジスト
「医療機関の⽴場から」 まび記念病院地域連携室副看護部⻑ 本郷 博恵 氏
「訪問看護の⽴場から」 そーる訪問看護ステーション理事⻑ ⽚岡 奈津⼦ 氏
「ケアマネージャーの⽴場から」
元ライフタウンまび居宅介護⽀援センター管理者 大熊 明美 氏
「⾏政の⽴場から」 総社市保健福祉部⻑寿介護課 主査 野瀬 明子 氏
指定発言
「くらら(⻄⽇本豪⾬・⾼梁川流域医療保険福祉提供体制⽀援プラットホーム)の活動」
倉敷市保健医療センター居宅事業所総轄センター⻑ 篠原 淑子 氏
「災害対策本部の動向」 岡山県備中保健所保健課⻑ 宮﨑 裕子

意見をお聞かせください

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 備中県民局 平成30年度医療・看護・介護連携推進研修会を開催します!  平成31年2月26日発表