おかやまの自然公園
ホーム > 中国自然歩道 > (中国山地横断ルート)若杉原生林の森林浴を楽しむみち
自然公園自然環境保全地域等中国自然歩道

(中国山地横断ルート) 7. 若杉原生林の森林浴を楽しむみち

中国自然歩道

若杉天然林から駒ノ尾山までの9.6kmのコース
駒ノ尾山山頂からダルガ峰、大茅スキー場・キャンプ場を経由して若杉天然林へ向かうコースです。ダルガ峰は頂上付近がなだらかで高原のようになっており、ススキが繁茂しています。ダルガ峰林道から大茅スキー場にかけては、途中急斜面もあります。大茅スキー場から若杉天然林入口までは左右にスギの美林が広がっています。西粟倉村の奥深くに位置する若杉天然林は、森林浴の森100選にも選ばれている豊かな植生の森です。ブナ、ミズナラ、ホオノキなどの巨木をはじめ、スギ天然林、多くのカエデ類などが生育し、199種もの植物が確認されています。若杉自然研究路も廻ると一層若杉の自然を楽しめます。

若杉原生林の森林浴を楽しむみち(中国山地横断ルート)
memo
林道ダルガ峰線とその林道沿いの駐車場を利用すれば、駒ノ尾山山頂へは、比較的楽に行くことができます。
若杉天然林は、吉野川の源流沿いに石畳のみちを登っていくのですが、コケで足を滑らさないように気をつけてください。

※中国自然歩道のルートマップをダウンロードできます。
PDFファイル「若杉原生林の森林浴を楽しむみち」ルートマップ(PDFファイル 876KB)

主な見どころ

駒ノ尾山(こまのおさん) 駒ノ尾山(こまのおさん)
駒ノ尾山(標高1,280.7m)は、氷ノ山後山那岐山国定公園に指定されています。山頂からは、東に船木山・後山、西に那岐山、南に遠く瀬戸内海や小豆島まで望むことが出来ます。山頂付近からは、北側及び東側へのびる中国自然歩道の他に、西側と南側へ向かう登山道も整備されており、多くの人に利用されています。
大茅(おおがや)スキー場とダルガ峰
大茅スキー場は標高700m、面積12haあって、夏はキャンプ場として賑わい、冬は積雪が2mに及び、初中級向きのスキー場として人気があります。大茅スキー場の背後の山はダルガ峰と呼ばれ、山頂部は南北に1km、東西に800mに及ぶ平坦な地形をしています。
大茅(おおがや)スキー場とダルガ峰
若杉天然林(わかすぎてんねんりん) 若杉天然林(わかすぎてんねんりん)
若杉天然林は、ブナやミズナラを主体とした自然の姿が残されている県内有数の天然林として、氷ノ山後山那岐山国定公園の特別保護地区に指定されています。新緑はもとより秋の紅葉が特に美しく、「森林浴の森日本百選」にも選ばれています。若杉天然林内には、中国自然歩道及び自然研究路(歩道)が整備されており、総延長4.2kmの林内散策が楽しめます。

後山キャンプ場〜大茅スキー場の高低差図

後山キャンプ場〜大茅スキー場の高低差図

コース案内

コース案内 1日コース延長9.6km
時間 3時間40分

▲ 上へ

岡山県環境文化部自然環境課
TEL(086)226-7312 FAX(086)224-7572 メールでのお問い合わせはこちらから
| 中国各県自然公園等リンク | サイトマップ |
Copyright (C) 2010 Okayama Prefecture. All Rights Reserved.