おかやまの自然公園
ホーム > 中国自然歩道 > (吉備高原横断ルート)長福寺と八塔寺ふるさと村を結ぶみち
自然公園自然環境保全地域等中国自然歩道

(吉備高原横断ルート) 22. 長福寺と八塔寺ふるさと村を結ぶみち

中国自然歩道

長福寺から八塔寺ふるさと村までの14.5kmのコース
長福寺から真木山山腹、美作市北、滝宮地区などを通って備前市の八塔寺ふるさと村へ向かうコースです。真木山、山あいにも関わらず開放的な雰囲気の河会川沿い、少しコースからはずれますが滝宮ダム周辺など、自然を満喫することができます。八塔寺には、名前の由来の八塔寺を始め、高顕寺、八塔寺ふるさと村などがあります。

長福寺と八塔寺ふるさと村を結ぶみち(吉備高原横断ルート)
memo
長福寺の東側に回り込んでいくと千早の滝があります。ここは行き止まりです。真木山方面に行くには少し戻って、(有)青山鉄工所のところを山の方へ進みます。

※中国自然歩道のルートマップをダウンロードできます。
PDFファイル「長福寺と八塔寺ふるさと村を結ぶみち」ルートマップ(PDFファイル 991KB)

主な見どころ

長福寺(ちょうふくじ) 長福寺(ちょうふくじ)
長福寺は、奈良時代の天平宝字元年(757年)、孝謙(こうけん)天皇の勅願により唐の鑑真和尚(がんじんおしょう)が開基したと伝えられる真言宗の名刹です。塔は県下最古の木造建築で、国の重要文化財に指定されています。
横川のムクノキ(よこがわのむくのき)
このムクノキは樹齢約千年、幹の太さは目通り周囲9.4m、樹高25m、枝張りは南北30mあって県下最大のムクノキです。日本の名木百選に選ばれ、岡山県の天然記念物に指定されています。
横川のムクの木(よこがわのむくのき)(隣接コース)
八塔寺ふるさと村(はっとうじふるさとむら) 八塔寺ふるさと村(はっとうじふるさとむら)
八塔寺山南麓にある山岳仏教の中心地として栄えた地域です。かや葺き屋根の民家や民俗資料館、寺院が点在するのどかな田園風景が広がっており、遠い昔にタイムスリップしたような山村です。映画「黒い雨」のロケ地にもなりました。

真木山の高低差図

真木山の高低差図

コース案内

コース案内 1日コース延長14.5km
時間 4時間50分

▲ 上へ

岡山県環境文化部自然環境課
TEL(086)226-7312 FAX(086)224-7572 メールでのお問い合わせはこちらから
| 中国各県自然公園等リンク | サイトマップ |
Copyright (C) 2010 Okayama Prefecture. All Rights Reserved.