おかやまの自然公園
ホーム > 自然環境保全地域等 > 備前エリア > 大村寺のクロマツ
自然公園自然環境保全地域等中国自然歩道
名木天然記念物社寺

大村寺のクロマツ(おおむらじのくろまつ) [吉備中央町]

郷土記念物
大村寺のクロマツ
大村寺のクロマツ 大村寺

位置図
大村寺のクロマツ 位置図

ガイド

大村寺の松は、天平年間に聖武(しょうむ)天皇の祈願所として行基菩薩が創建したと伝えられる功徳山(こうとくさん)大村寺のシンボルとして地域の人々に親しまれています。推定樹齢350年、樹高27m、目通り周囲4.5mで、県下のクロマツの中では樹高は一番目、目通り周囲は三番目と、有数の規模を誇っています。
大村寺の庭園には、かつて2本の大黒松がありましたが、県の天然記念物であった1本が枯死し、残る現在の松は「二代目錦松」と呼ばれ、地元の人々により大切に保存されています。この松は、吉備中央町最大のクロマツとして、昭和51年12月に町の天然記念物に指定されています。
また、重森三玲(しげもりみれい)設計の茶室功徳庵が併設されています。


見どころ・イベント

大村寺
現在の本堂は備中松山城主板倉勝職(いたくらかつつね)により再建されたものです。本尊は薬師如来で、中国四十九薬師霊場第一番札所として知られています。

大村寺(吉備中央町観光協会ホームページ)

所在地 加賀郡吉備中央町上竹
アクセス 岡山自動車道賀陽ICから車10分
駐車場 10台
付帯施設 駐車場
連絡先 大村寺
TEL(0866)54-1403


岡山県環境文化部自然環境課
TEL(086)226-7312 FAX(086)224-7572 メールでのお問い合わせはこちらから
| リンク | サイトマップ |
Copyright (C) 2010 Okayama Prefecture. All Rights Reserved.