おかやまの自然公園
ホーム > 自然環境保全地域等 > 備中エリア > 高間熊野神社の森
自然公園自然環境保全地域等中国自然歩道
山・森社寺

高間熊野神社の森(たかまくまのじんじゃのもり) [総社市]

郷土記念物
高間熊野神社の森
高間熊野神社の森 高間熊野神社の森

位置図
高間熊野神社の森 位置図

ガイド

社伝によると、熊野神社は土御門天皇の勧請で建仁元年(1201)「天王宮」と称し、延宝元年(1673)に造立され、後に熊野神社として改称したもので、地域の鎮守の神様として親しまれています。
社叢は、タブノキ、モミ、ウラジロガシなどの高木層、カゴノキ、ヤブツバキなどの亜高木層、ヤブツバキ、ヤブニッケイなどの低木層により構成されています。
また、周辺の雑木林には、タブノキ、ヤブツバキ、カゴノキの巨樹が点在しています。特に沿岸地に多い樹種であるタブノキは海抜面からは分布の上限に近く、この健全な状況は学術的にも注目されるものです。

見どころ・イベント








所在地 総社市種井
アクセス JR伯備線備中広瀬駅から車30分
駐車場
付帯施設
連絡先


岡山県環境文化部自然環境課
TEL(086)226-7312 FAX(086)224-7572 メールでのお問い合わせはこちらから
| 中国各県自然公園等リンク | サイトマップ |
Copyright (C) 2010 Okayama Prefecture. All Rights Reserved.