おかやまの自然公園
ホーム > 自然環境保全地域等 > 美作エリア > 宮地天神社の社叢
自然公園自然環境保全地域等中国自然歩道
山・森名木天然記念物社寺

宮地天神社の社叢(みやじてんじんじゃのしゃそう) [真庭市]

郷土記念物
宮地天神社
宮地天神社の社叢 宮地天神社の社叢

位置図
宮地天神社の社叢 位置図

ガイド

宮地天神社は、その昔、落雷による人畜への被害が絶えなかったため、寛喜2年(1230)に京都北野天満宮から祭神を勧請し総鎮守氏神として祀り、明治まで天満宮と呼ばれていました。その後、大正年間に付近の各社を合祀して現在に至っています。
神社の社叢には、勧請したときに北野天満宮から移植されたとされるアカガシや、京都の高尾から持ち帰ったとされる鳥居前のモミジが、ヒノキの大木やオニグルミ、エノキ、スギ、アセビ、ヤブツバキ、シラカシなどとともに生育しています。
アカガシは、勧請した日(2月25日)にちなんで、25本が移植されたと伝えられています。

見どころ・イベント

現存するアカガシは23本で、そのうち特に大きなものは目通り周囲4.7m、高さ約30mもあり、北房町(現真庭市)の天然記念物に指定されています。

天神社(岡山県神社庁ホームページ)

所在地 真庭市宮地
アクセス 中国自動車道北房ICから西へ2km
駐車場 20台
付帯施設 駐車場
連絡先 天神社
TEL(0866)52-3329


岡山県環境文化部自然環境課
TEL(086)226-7312 FAX(086)224-7572 メールでのお問い合わせはこちらから
| リンク | サイトマップ |
Copyright (C) 2010 Okayama Prefecture. All Rights Reserved.