おかやまの自然公園
ホーム > 自然環境保全地域等 > 備中エリア > 龍頭のアテツマンサク
自然公園自然環境保全地域等中国自然歩道
花

龍頭のアテツマンサク(りゅうずのあてつまんさく) [新見市]

郷土記念物
龍頭のアテツマンサク



位置図
龍頭のアテツマンサク 位置図

ガイド

マンサク科の落葉小高木で、早春3月上旬、葉が開く前に黄色の細長い4弁の黄色の花が咲き、10日間ほど山一面を黄色く染めます。9月頃、15mmぐらいの楕円形の果実が熟れます。
大正3年、故牧野富太郎博士が新見市黒髪山で発見し、阿哲郡の郡名をとって「アテツマンサク」と命名したもので、マンサクの変種とみなされています。中国地方の各地、四国の一部に分布することが知られてきましたが、新見を中心に分布するものは、中国地方固有の珍種で、地元では「タニイソギ」と呼ばれ、春を告げる花として親しまれています。

見どころ・イベント

アテツマンサクの花の見頃は、2月下旬〜3月上旬です。

新見市の花アテツマンサク(新見市ホームページ)

所在地 新見市高尾
アクセス ・JR伯備線新見駅から車7分(徒歩30分)
・中国自動車道新見ICから車10分
駐車場
付帯施設
連絡先 新見市役所商工観光課
TEL(0867)72-6136


岡山県環境文化部自然環境課
TEL(086)226-7312 FAX(086)224-7572 メールでのお問い合わせはこちらから
| 中国各県自然公園等リンク | サイトマップ |
Copyright (C) 2010 Okayama Prefecture. All Rights Reserved.