おかやまの自然公園
ホーム > 自然環境保全地域等 > 備中エリア > 荒戸山地域
自然公園自然環境保全地域等中国自然歩道
山・森文化財社寺

荒戸山地域(あらとやまちいき) [新見市]

郷土自然保護地域
荒戸山地域
荒戸山地域 荒戸山地域

位置図
荒戸山地域 位置図

ガイド

吉備高原のなだらかな山並みのなかに、鍋を伏せたような特異な形でそびえる荒戸山は阿哲富士と呼ばれ、200万年以上前に噴火したと考えられる火山で、玄武岩の噴火口付近が準平原形成時に残丘として取り残されたものです。頂上付近には、5角か6角の柱状をした玄武岩が露出しています。
南山麓には水の神をまつる荒戸神社があり、その参道には樹令150年以上の杉並木が続いており、周囲の景観を特徴づけています。この社殿の背後から頂上にかけての南斜面には、ケヤキ、コナラの老木のほか、シデ、カシワ、アセビなどを交える樹林がよく残されており、落ち着いた自然景観をつくりだしています。

見どころ・イベント

荒戸神社
室町時代の優れた創造性を残しており、本殿は県指定重要文化財です。
荒戸神社本殿(岡山県ホームページ)

所在地 新見市哲多町田渕
アクセス ・新見ICから約18km
・JR芸備線矢神駅から徒歩1時間30分
駐車場
付帯施設 駐車場トイレ
連絡先

岡山県環境文化部自然環境課
TEL(086)226-7312 FAX(086)224-7572 メールでのお問い合わせはこちらから
| 中国各県自然公園等リンク | サイトマップ |
Copyright (C) 2010 Okayama Prefecture. All Rights Reserved.