分野より検索 地域より検索
  [津山市]中山神社の社叢(ナカヤマジンジャノシャソウ) <津山地域>

ガイド
中山神社は、文武天皇時代の慶雲4年(707年)に創建され、現在の本殿は永禄2年(1559年)に再建されたという、美作の国で最も由緒のある一宮です。

見どころ
石の鳥居から社へと続く長い砂利の参道は、鎮守の森に囲まれた中山神社ならではのおごそかな雰囲気を漂わせています。
鳥居の前の道路脇に、推定樹齢800年の「祝木(いおぎ)のケヤキ」が、また、鳥居の左側には推定年齢500年のイチョウの大木があり、参道周辺にはケヤキ、モミ、シラカシ、イロハモミジ、クスノキ、アカガシなどが生い茂っています。
神楽尾山の峰に連なる社叢には、ヒノキを主としながらも、社叢奥の「猿の社」に至る急峻な岩山にはアラカシを優占種としてソヨゴ、シラカシ、リンボク、ヤブツバキなどの常緑広葉樹とアオハダ、リョウブ、コシアブラなどの落葉広葉樹が混生しています。

見頃・イベント
「中山神社お田植祭り」
毎年4月29日には「お田植祭り」が開かれ、地元の人々が扮した20余人の鍬人が、雌雄2頭の獅子とともに笛や太鼓に合わせて鍬を振ったり苗を植えたりする様を演じ、五穀豊穣を祈る。

お問い合せ先
中山神社
〒708-8501
岡山県津山市一宮695
TEL:0868-27-0051


アクセス方法
◆自家用車
中国自動車道 院庄I.Cより20分
◆JR・バス
JR津山線津山駅からバス20分、中山神社下車すぐ
駐車場:無料 150台

中山神社の社叢

イチョウの大木
▲イチョウの大木

祝木のケヤキ
▲祝木のケヤキ
中山神社周辺

|地域より検索 | 分野より検索 | おかやまの自然百選
岡山の百選トップページへ