分野より検索 地域より検索
  [新見市]金ボタル発生地(キンボタルハッセイチ) <新見地域>

ガイド
黄金の光を発するところからその名前が付けられた陸生の小型のホタル(雄で体長8mm前後、雌で体長6mm前後) で、和名をヒメボタルといいます。新見市哲多町蚊家地区の天王八幡神社の社叢に発生し、この地域は、その発生範囲、 発生量ともに日本一と言われています。

見どころ
季節は7月10日前後の10日間ぐらい、雄は日暮とともにいっせいに 明滅しながら、飛べない雌のかわりに約1〜2mぐらいの高さを飛び交い、草むらを移動する雌の光を見つけると、光の交信を交わします。
その情景は、暗黒の森の中に光をちりばめたようで異様なまでに美しいものです。

見頃・イベント
7月10日前後

≪留意事項≫
金ボタル生息環境保護のため、生息地へ立ち入らない、ライトを照らさないなど、静かな環境維持にご協力ください。

お問い合せ先
新見市哲多支局 経済建設課
〒718-0303
岡山県新見市哲多町本郷246-4
TEL:0867-96-2113

アクセス方法
自家用車
岡山から1時間30分で新見市哲多町、そこから20分で蚊家地区
金ボタル

金ボタル
 

天王八幡神社
▲天王八幡神社
金ボタル発生地周辺

|地域より検索 | 分野より検索 | おかやまの自然百選
岡山の百選トップページへ