◆普及事業 「こんにちは美術館」

岡山県立美術館では、「美術や美術作品のもつさまざまな見方や価値観に気づいてもらいたい。楽しんでもらいたい。」と思っています。そのために、普及事業を通じて、来館者に作品そのものを自分自身のものとして、味わい楽しんでもらうことを目指しています。

◆プログラム

―木喰さんの足跡を辿る・最終章―


◆大久保英治と歩く◆
―木喰の歩いた道:金毘羅往来 児島から下津井―


岡山県立美術館では、平成27年夏に開催した「円空・木喰展」をきっかけに、かつて木喰が歩いたであろう岡山の地を、造形作家の大久保英治さんと一緒に歩くワークショップを2回(「岡山市内編-高島駅〜少林寺」&「金毘羅往来-吉備津から藤戸寺-」)行いました。今回は、「最終章・金毘羅往来-児島〜下津井」です。

日時:2016年5月14日(土曜日)9時30分から15時
講師:大久保英治氏(造形作家)
場所:金毘羅往来―児島から下津井まで―
(JR児島駅集合・むかし下津井回船問屋にて昼食・JR児島駅解散予定)
対象:小学校4年生以上、広く一般
定員:15名<申込み先着順>
参加費:無料
持参物:昼食・飲料・雨具等
その他:小雨決行
(大雨等で開催が難しい場合は、当日7時30分までに美術館から連絡をします)
※当ワークショップは終了しました。


過去のワークショップの様子を写真で公開しています。

◇ 過去のワークショップ紹介