岡山の美術展 観察日記 【平成28年度参加者募集】

 

『岡山の美術展観察日記』ってなに?

岡山県立美術館は、岡山にゆかりのある美術作品を収集・研究・展示しています。 これまではその展示を「常設展」と呼んできましたが、2008年の春からは「岡山の美術展」という名前になり、その内容も大きく変わっています。

「岡山の美術展」を観察日記をつけながら楽しんでみませんか?

観察日記
≪作品を鑑賞しながら、展示室で観察日記を書いている様子≫
参加期間 岡山の美術展1期から9期までの1年間(2016年4月26日から2017年3月17日)
定 員 25名(定員に達し次第締め切り)
参 加 費 一般:1,500円 大学生:1,000円 小・中・高生・65歳以上:500円
そ の 他 初めてご参加される方のために下記の日程でオリエンテーションを行います。
日  時 2016年4月29日(金曜日)、4月30日(土曜日)、5月1日(日曜日)
  各日とも10時〜、14時〜
会 場 岡山県立美術館 地下1階研修室、2階展示室
※オリエンテーション参加が難しい場合は、お電話などでご連絡ください。

参加者募集に関しての詳細はこちらをご覧下さい。

■岡山の美術展観察日記 平成28年度 申し込み
(PDFで開きます)