怪人二十面相道後に現る    

     ≪怪人二十面相道後に現る≫
          2007年 作家蔵

横尾忠則

 

サングラスをかけたジョン・ケージの横顔   溶解変化

左 ≪サングラスをかけたジョン・ケージの横顔≫1965年 個人蔵
右 ≪溶解変化≫1991年 高知県立美術館蔵

 

 

    ■開催概要


会 期

6月1日(水曜日)〜7月10日(日曜日)

開館時間

9時〜17時(入館は16時30分まで)

6月1日(水曜日)は10時開館、
24日(金曜日)は19時まで(入館は18時30分)

休館日

6月6日(月曜日)、13日(月曜日)、20日(月曜日)、

27日(月曜日)7月4日(月曜日)

観覧料金

一般800円/高大学生400円/小中生200円/65歳以上400円

※年齢の証明できるものをご持参ください
*20名以上の団体は2割引  *岡山の美術展もご覧いただけます

主 催

岡山県立美術館 

協 力
大塚オーミ陶業株式会社 岡村印刷工業株式会社

    ■「横尾忠則 絵人百九面相」展のご紹介


60年代の独創的なグラフィック・デザインにはじまり、80年代以降の画家としての

縦横無尽な活動を経て、今なお精力的に活躍を続ける横尾忠則(1936-)の個展を

開催します。本展は全出品作が作家自らによって選ばれた、これまでにない展覧会

です。滝やY字路そして温泉を描いた代表作はもちろんのこと、コラージュやセラミックを

用いた作品、未発表作や最新作も展示される本展は、この唯一無比の表現者の多彩な

「顔」を知る絶好の機会となるでしょう。

    ■関連事業


公開制作

【追加公演決定!】
6月に開催された公開制作の続編になります。

日時:7月2日(土曜日) 10時 開始
場所:地下1階屋内広場
座席:50席  ※立見可

※公開制作中は随時休憩を取ります。

「横尾忠則、岡山のY字路を描く」
横尾忠則氏が、自らの足で探した岡山某所のY字路を描きます。

日時:6月17日(金曜日)、19日(日曜日) 10時開始
場所:地下1階ホワイエ
座席:30席 ※立見可

※公開制作中は随時休憩を取ります。

------------------------------------------------------

○美術館講座 

「横尾忠則と美術史」
日時:6月18日(土曜日) 14時〜
場所:地下1階講義室 
講師:嶋雄一郎(当館学芸員)


○美術の夕べ
 

「横尾忠則展をみる」
日時:6月24日(金曜日) 18時〜 
場所:地下1階展示室 (※要観覧券) 
講師:嶋雄一郎(当館学芸員)


○対談
  

「対談 横尾忠則×鍵岡正謹」
日時:7月3日(日曜日) 14時〜(13時30分開場)
場所:地下1階屋内広場  2階ホール
講師:横尾忠則氏、鍵岡正謹(岡山県立美術館館長)