フランス印象派の陶磁器1866-1886

開催概要


会期
2013年12月20日(金曜日)から2014年2月2日(日曜日)まで
開館時間

9時から17時まで(入館は16時30分まで)
ただし、12月20日(金曜日)は午前10時より開館
2014年1月24日(金曜日)は19時まで開館
(入館は18時30分まで)

休館日

12月24日(火曜日)、28日(土曜日)から2014年1月4日(土曜日)、14日(火曜日)、20日(月曜日)、27日(月曜日)

観覧料金

一般1000円、65歳以上・大学生500円*、小・中・高学生無料*
*は年齢の証明できるものをご持参ください
20名以上の団体は2割引、岡山の美術展もご覧いただけます。

主催
岡山県立美術館
後援
フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協力
AIRFRANCE
企画協力
アートインプレッション


フランス印象派の陶磁器1866-1886


 1872年は、クロード・モネが有名な「印象、日の出」を描いた年です。同年、フランスの製磁会社アビランドはパリに工場を開設、印象派の画家フェリックス・ブラックモンを迎え、印象派スタイルの陶磁器制作を始めました。ブラックモンは、日本美術の影響を受けた最初の芸術家と言われ、彼が『北斎漫画』などから動植物のモチーフを取り入れ、デザインした食器セット《ルソー》シリーズは、1867年パリ万国博覧会で好評を博し、日本風陶磁器が流行するきっかけとなりました。アビランド社は、伝統的な技法や様式を打ち破り、バルビゾン派の風景画や日本美術、同時代の印象派絵画を手本に、新しい色彩やテクスチャーを追求した作品を次々に発表し、フランス陶芸に大きな革新をもたらしました。
 本展はアビランド家の由緒あるコレクションから陶磁器作品約120点、関連する版画やドローイング約30点、そして国内に所蔵される印象派絵画10点を特別に展覧し、フランスにおけるジャポニスムの豊かな広がりをご紹介します。

 

《花》ヴィクトリア・デュブール 国宝《餓鬼草紙(河本家本)》
《花》 ヴィクトリア・デュブール(アンリ・ファンタン=ラトゥール夫人)   国立西洋美術館、松方コレクション蔵 《バルボティーヌ 薔薇図花瓶》 アビランド社オートゥイユ工房   Y. &L. ダルビス蔵

 

 

関連事業


Facebook Facebookにて情報発信中。

【記念講演会】「器が語る食文化 −テーブルコーディネートの視点から−」
日時:2014年1月11日(土曜日) 13時30分から15時30分
講師:木村 ふみ氏(食環境プロデューサー)
会場:2階ホール(先着210名・聴講無料)


<追加イベント>

【美術館講座】「ジャポニスムと東西文化交流」
日時:2014年1月18日(土曜日) 14時から
講師:福冨 幸(主任学芸員)
会場:地下1階講義室(先着70名・聴講無料)


【美術の夕べ】「フランス印象派の陶磁器1866-1886」を見る
日時:2014年1月24日(金曜日) 18時から19時
講師:福冨 幸(主任学芸員)
会場:地下1階展示室 ※要観覧券


フランス印象派の陶磁器1866-1886 チラシ公開中(PDFで開きます)

フランス印象派の陶磁器1866-1886  出品目録(PDFで開きます)