特別展「自由になれるとき―現代美術はこんなにおもしろい!」

開催概要


会期
2012年9月27日(木曜日)〜11月4日(日曜日)
開館時間
9時〜17時(入館は16時30分まで)
9月28日、10月26日(金曜日)は19時まで開館(入館は18時30分まで)
休館日
10月1日(月曜日)、9日(火曜日)、15日(月曜日)、22日(月曜日)、29日(月曜日)
観覧料金
前売り券 900円(一般のみ)/当日券 一般1000円 高・大生800円* 小・中学生400円* 65歳以上500円*
 ※ *は年齢の証明できるものをご持参ください
 20名以上の団体は2割引、岡山の美術展もご覧いただけます。
主催
岡山県立美術館 山陽放送 
特別協力
高松市立美術館
協力
倉敷市立美術館
特別協賛
株式会社デンショク
前売り券
販売所
岡山/ぎんざや、天満屋トラベル、岡山シンフォニーホールチケットセンター、岡山一番街インフォメーション、山陽新聞サービスセンター、岡山音楽文化協会
倉敷/インディスク(倉敷天満屋4F)
ローソン(Lコード:61693)
セブン-イレブン、サークルK・サンクス(チケットぴあPコード:765-305)
後援
岡山県教育委員会、岡山市、岡山市教育委員会、岡山県市町村教育委員会連絡協議会、岡山県公民館連合会、(公財)岡山県郷土文化財団、社団法人岡山県婦人協議会、岡山市連合婦人会、公益財団法人岡山県文化連盟、岡山県PTA連合会、山陽新聞社、朝日新聞岡山総局、読売新聞岡山支局、産経新聞社、毎日新聞岡山支局、日本経済新聞岡山支局、NHK岡山放送局、oniビジョン、香川県、香川県教育委員会


わたしたちの時代に生まれたアートを、もっと楽しむための展覧会。


 

 思い返せば20世紀は、同時代の美術である「現代美術」を専門とする美術館やギャラリーが各地でつくられ、アーティストがキラ星のごとく登場し、活躍してきた時代でした。これほどまでに同時代の美術が社会的にも大きな存在となったのは、いまだかつてなかったのではないでしょうか。21世紀の今日においても、ますます「現代美術」を扱う展覧会の数は増え、ほんのひと昔前につくられた作品の値段が高騰してはニュースになり、さらには過疎化が進む地方を盛り上げるため「現代美術」のアート・フェスティバルが世界中で開催されるなど、「現代美術」が社会に与える影響、その担う役割、そしてそれに対する期待は増すばかりです。
 しかし一方で、そんな「現代美術」に対するこんな声もよく耳にします――「現代美術は意味がわからない」「難解だ」「つまらない」。もちろんこのような意見もすべて否定は出来ませんが、はたして本当にそれだけでしょうか。否、そうではないでしょう、もしそうだとしたら、ここまで「現代美術」が多くの役割を担い、注目を浴びることなどなかったでしょうから。しかし「現代美術」が、よく知られる古典的な泰西名画と鑑賞の仕方が異なり、また何を表現しているのか 一見しただけでは分かりにくく、その結果近づきにくくなっている点も否めません。けれども、現代美術は本当はとても面白いもののはず。それをわかってもらう方法はないのか、色々と私たちは考えました。
 そこで当館では、「現代美術」のポイントをわかりやすく示し、どのように作品を鑑賞したらその魅力をいっそう味わうことができるのか、そこに念頭を置いた展覧会を高松市立美術館の特別協力のもとに企画しました。日本で屈指の20世紀美術のコレクションを有する同館の所蔵品を中心にした本展は、これまで「現代美術」が苦手だった人もその魅力に気付き、さらにすでに興味のあった人にはいっそう楽しんでもらえる機会になるはずです。また、その魅力をあますことなく紹介するため、作家や美術関係者などによるイベントも数多く企画しています。今まさに生まれる表現を体験し、同時代を生きる作家や関係者の声を聴けるのも、「現代美術」の醍醐味の一つ。私たちが生きるこの時代に、生まれるべくして生まれた素晴らしい「現代美術」の数々を是非体験しに来てください。


現代美術を代表する35人のアーティスト


アンディー・ウォーホル/上田薫/伊藤存/大竹伸朗/大西伸明/岡崎和郎
金沢健一/河口龍夫/河原温/菊畑茂久馬/鬼頭健吾/金昌烈
草間彌生/ 工藤哲巳/桑山忠明/小林正人/塩見允枝子/白髪一雄
ジャスパー・ジョーンズ/杉本博司/須田悦弘/高松次郎/瀧口修造
束芋/寺田武弘/中原浩大/名和晃平/福田美蘭/舟越桂/三木富雄
三沢厚彦/森本洋充/吉原治良/リチャード・ハミルトン/ ロイ・リキテンシュタイン

現代美術がおもしろくなる10のイベント


 本展では、皆さんに現代美術をもっと楽しみ、もっと理解してもらうためのイベントをたくさん企画しました。関係者の方々のそれぞれの立場からのトークに始まり、アーティストみずからが自分の作品を解説したり、それを用いてパフォーマンスをしたり、また公開制作を行ったり。いろいろな現代美術の在り方をご覧頂けるはずです。ぜひぶらりと美術館に立ち寄り、現代美術の魅力を存分に感じてください。

イベントスケジュール・詳細はこちら >>


◇チラシ公開中(PDFで開きます)
現代美術展チラシ画像 現代美術展チラシ画像2
現代美術に興味がなかったあなたへ。 現代美術が好きでたまらないあなたへ。