原田直次郎

 岡山鴨方藩出身の兵学者・原田一道の次男として幕末の江戸に生まれた原田直次郎(1863-1899)は、滞欧経験のある先進的な父のもと、幼少期から西洋文化に対して開かれた環境に育ち、やがて洋画の道を志すようになります。日本で高橋由一に師事したのち、1884(明治17)年にドイツのミュンヘンに渡り、美術アカデミーで西洋絵画を本格的に学びました。また同地では、のちの文豪・森鴎外と出会い、終生にわたる友情を育むことになります。
 1887(明治20)年、西洋絵画のアカデミックな理念と高い技術を身につけて原田は帰国しますが、彼を待っていたのは当時の日本に渦巻いていた洋画排斥の潮流でした。そのような状況下でも原田は「西洋画は益々奨励すべし」とうたい、第3回内国勧業博覧会に大作《騎龍観音》を出品するなど精力的に作品発表を行いながら、画塾「鍾美館」を開いて後進の育成にも励みました。しかし、やがて病にかかり、1899(明治32)年12月26日に36歳の若さで亡くなってしまいます。
 1909(明治42)年11月28日、原田の畏友・森鴎外の尽力によって一日限定の遺作展が東京美術学校で開催されました。その遺作展以来およそ100年ぶりの回顧展となるこの展覧会では、原田の作品に加え、師や弟子、そして親交のあった画家たちの作品を交えた180点を超える作品と関連資料によって、西洋画の普及に奮闘した原田直次郎の36年の生涯と画業を紹介します。

開催概要

会  期 2016年5月27日(金曜日)から7月10日(日曜日)まで
開館時間 9時から17時
*ただし5月27日は10時から19時、6月24日は20時まで開館
(いずれも入館は閉館30分前まで)
*月曜日休館
観 覧 料 一般:1000円、65歳以上: 700円、大学生:500円
高校生以下の方、またキャンパスメンバ―ズ制度加盟校の学生は無料
学生証やシルバーカード等、年齢が確認できる証明書をご提示ください。
*20名以上の団体は2割引き
主  催 岡山県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協  賛 ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
後  援 大阪ドイツ文化センター、笠岡市教育委員会、岡山県郷土文化財団、
公益社団法人岡山県観光連盟、公益社団法人岡山県文化連盟
協  力 日本航空、日本通運
助  成 公益財団法人ポーラ美術振興財団、芸術文化振興基金

ロゴ

  • 原田直次郎
    《騎龍観音》1890年 重要文化財 護国寺蔵
  • 原田直次郎
    《神父》1885年 信越放送株式会社蔵
  • 原田直次郎
    左より岩佐新、原田直次郎、森鴎外 ミュンヘンにて
    1886年 画像提供:文京区立森鴎外記念館
  • 原田直次郎
    ガブリエル・フォン・マックス《猿のいる自画像》1910年
    マンハイム、ライス・エンゲルホルン博物館蔵

  • 原田直次郎
    《三条実美像》1893-98年 東京国立博物館蔵
    Image: TNM Image Archives
  • 原田直次郎
    「於母影」挿画『国民之友』第58号附録
    1889年 島根県立石見美術館蔵

関連事業

※いずれも参加無料・申し込み不要

記念シンポジウム原田直次郎の画業をめぐって

日時:2016年6月4日(土曜日)13時30分から16時
会場:2階ホール  定員210名(当日先着順)
パネリスト:児島 薫(実践女子大学教授) 鐸木道剛(東北学院大学教授) 鍵岡正謹(当館顧問)

■シンポジウムの詳細はこちら(PDFで開きます)

美術館講座ミュンヘン時代の原田直次郎の美術活動をめぐって

日時:2016年6月11日(土曜日)14時から15時30分
会場:地下1階講義室  定員70名(当日先着順)
講師:橋村直樹(当館学芸員)

美術の夕べ担当学芸員によるフロアレクチャー

日時:2016年5月27日(金曜日)18時から19時
会場:地下1階展示室  ※要観覧券
講師:橋村直樹(当館学芸員)

フロアレクチャー

日時:2016年5月28日(土曜日)、6月18日(土曜日)各日14時から15時
会場:地下1階展示室  ※要観覧券
講師:橋村直樹(当館学芸員)

音楽の夕べ弦楽四重奏―ミュンヘンと音楽

日時:2016年6月24日(金曜日)18時から19時 ※開館は20時まで
会場:地下1階屋内広場
演奏:岡山フィルハーモニック管弦楽団メンバー
内容:<弦楽四重奏>ヴァイオリン:上月惠 田中郁也、ビオラ:大道真弓、チェロ:森谷栄子
<曲目>ワグナー「タンホイザー」序曲、ヴィヴァルディ四季「夏」より、
ハイドン弦楽四重奏曲「皇帝」より、J.シュトラウス「ピチカートポルカ」他
*内容は変更になる場合があります

■原田直次郎 チラシ公開中(PDFで開きます)
■出品目録(PDFで開きます)
■図録ページ



top