浦上玉堂

日本文人画壇の巨星浦上玉堂(1745−1820)は、現在当館が建つ地に生まれ、備中鴨方藩のエリート武士として前半生を過ごしました。50歳で脱藩した時、同行した長男春琴(1779−1846)は16歳、次男秋琴(1785−1871)は10歳でした。安定した生活を捨て自由を入手し、七絃琴と画筆を携えて諸国を遍歴した後、玉堂は京都で画家として活躍する春琴と同居します。一方、秋琴は11歳から会津藩に仕え、やがて雅楽方頭取に任じられるなど、音楽面での活動が目立ちます。父子はそれぞれの個性に従い、それぞれに異なる活動に勤しみますが、みな文人としての誇りを高く保ち続けて生涯を送りました。
2006年の浦上玉堂展から10年が経過し、注目すべき作品が新たに発見されています。また今回は、関西画壇きっての人気作家でありながら、これまで十分な紹介がなされていなかった春琴にもスポットを当てます。玉堂父子の全国にまたがる足跡を追いながら、珠玉の作品群をひとつの会場で一覧できる、かつてない規模の展覧会です。重要文化財8件を含む約250点から構成され、前・後期で大規模な展示替えを行います。(※展示替詳細については8月下旬頃、お知らせいたします)

開催概要

会  期 2016年9月23日(金曜日)から10月30日(日曜日)まで
前期:9月23日から10月10日、後期:10月12日から10月30日
開館時間 9時から17時
 ・9月23日は10時開館
 ・9月23日(金)、10月28日(金)は19時まで開館
 ・いずれも入館は閉館30分前まで
 ・月曜日休館(祝日の場合は翌火曜日)
観 覧 料 一般:1200円、65歳以上:1000円、大学生:700円、 小・中・高校生:300円
 *学生証やシルバーカード等、年齢が確認できる証明書をご提示ください。
 ・本展2回目の来館以降、使用済み半券持参者は上記の半額。
 ・20名以上の団体は当日券の2割引き

【前売り券】 900円(一般のみ/9月22日まで販売)
【前売り券販売所】 山陽新聞サービスセンター、岡山県内主要プレイガイド、
セブンイレブン(セブンコード:048-044、別ページで開きます)、ローソン(Lコード:63425)
チケットぴあ・サークルK・サンクス(各店共通Pコード:767-747)
主  催 岡山県立美術館、山陽新聞社
後  援 岡山県教育委員会、岡山市教育委員会、岡山県郷土文化財団、
公益財団法人岡山県文化連盟、RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち、
RNC西日本放送、KSB瀬戸内海放送、oniビジョン、エフエフ岡山、レディオモモ
  • 浦上玉堂
  • 浦上玉堂
  • 浦上玉堂
■展示替有/前期:2016年9月23日から10月10日、後期:10月12日から10月30日
※短期展示替え作品も有り。詳細は目録をご覧ください。
 
【全日程展示】
・重要文化財『鼓琴余事帖』玉堂 個人蔵
・重要文化財『煙霞帖』玉堂 梅澤記念館
※チラシに掲載の各作品は、裏面右下の《花鳥図屏風》を除き全て全日程展示
【前期リスト】
・重要美術品《疎松曲水図》玉堂 岡山県立美術館(展示期間:9月23日から10月2日)
・重要美術品《山翁嘯咏図》玉堂 個人蔵
・重要美術品《賣茶翁像図賛》筆者不詳/浦上玉堂賛 個人蔵
・重要美術品《寒林間處図》玉堂 個人蔵
・重要文化財《秋色半分図》玉堂 愛知県美術館(木村定三コレクション)
・重要文化財《酔雲醒月図》玉堂 愛知県美術館(木村定三コレクション)
・重要文化財《隸體章句》玉堂 愛知県美術館(木村定三コレクション)
・重要文化財《深山渡橋図》玉堂 愛知県美術館(木村定三コレクション)
【後期リスト】
・重要文化財《秋江独釣図(菅家諸家書画帖より)》玉堂 広島県立歴史博物館ふくやま
  草戸千軒ミュージアム(展示期間:10月4日から10月30日)
・重要文化財《山中結廬図》玉堂 東京国立博物館
・重要文化財《山紅於染図》玉堂 愛知県美術館(木村定三コレクション)
・重要文化財《山雨染衣図》玉堂 個人蔵
・《花鳥図屏風》春琴 東京国立博物館 ※チラシ裏

関連事業

記念講演会「経営学者・父ピーターF・ドラッカーが愛した日本と日本美術」

日時:2016年9月24日(土曜日)13時30分から15時 ※当イベントは終了しました。
会場:2階ホール  [要整理券]
語り手:セシリー・A・ドラッカー(ドラッカー氏次女)、聞き手:松尾知子(千葉市美術館学芸係長)、通訳付

記念シンポジウム「文人―中国、日本、玉堂父子の例から考える」

日時:2016年9月25日(日曜日)13時30分から16時 ※当イベントは終了しました。
会場:2階ホール  [先着180名] ※本展観覧券(使用済み半券可)をご提示ください。
パネラー:板倉聖哲(東京大学大学院教授)、高橋博巳(金城学院大学名誉教授)、松尾知子(千葉市美術館学芸係長)
コーディネーター:守安收(当館館長)

フロアレクチャー

日時:2016年9月30日、10月7日、10月15日、10月21日、各日14時から15時
会場:講義室集合後、2階展示室へ  ※要観覧券
講師:当館学芸員

文人煎茶を愉しむ

日時:2016年10月8日、10時から、11時から、13時30分から、14時30分から(各席30分程度)
会場:屋外広場(雨天時は屋内)
煎茶席:一茶庵 赤松玉女(煎茶道一茶庵直門教授)
お茶席券:500円(お茶・お菓子代)、各席25名(先着順)
※お茶席券(前売り券)は当館の総合受付で扱っています。お茶席の詳細はこちら(PDF)

美術の夕べ「玉堂父子の芸術」

日時:2016年10月28日(金曜日)18時から19時
会場:2階展示室  ※要観覧券
講師:中村麻里子(主任学芸員)


■浦上玉堂 チラシ公開中(PDFで開きます)
■出品目録(PDFで開きます)
■図録ページ


top