岡山県ホームページ岡山県ホームページのトップページへ文化振興課のトップページへ

町並み保存地区

勝山地区

三浦藩の城下町で、格子や白壁の美しい商家が並び石州瓦で葺かれた屋根が白壁とあいまって県北らしい町並みである。

勝山地区の写真
下津井地区

鷲羽山の西麓に広がる港町で、江戸時代中期以降は商港として栄え北前船の寄港地ともなり「下津井節」は北前船の船頭が伝えたものと言われている。建具には優れた意匠が凝らされており繁栄が偲ばれる。

下津井地区の写真
古町地区

旧因幡街道の宿場町で参勤交代で鳥取藩主池田侯が宿泊するようになると宿場としてにぎわいを見せた。数寄屋づくりの御殿や唐破風の御成門をもつ本陣、長屋門をもつ脇本陣が残っている。

古町地区の写真
城東地区

松平家の城下町で旧出雲街道に面した商人職人の家々が軒を並べる町人町であった。長屋形式の建物など、統一感を感じさせる町並みである。

城東地区の写真
足守地区

木下家の陣屋町で豊臣秀吉の正室ねねの実兄木下家定は、関ヶ原の合戦後、足守に移封され藩祖となった。なまこ壁の土蔵や土塀に囲まれた庭をもつ大型の民家が町並みにゆとりを与えている。
蛍が舞う足守川の清流緑豊かな宮地山に囲まれた陣野町のたたずまいが残っている。

足守地区の写真
矢掛地区

山陽道の宿場町で本陣、脇本陣が国指定重要文化財として保存されている。塗屋造の重厚な造りの民家が多く宿場町の繁栄を偲ばせている。

矢掛地区の写真
新庄地区

出雲街道の宿場町として栄え脇本陣は、江戸末期の建物が現存している。日露戦争の勝利を記念して植えた桜並木通りの両側の石積み水路は町並みを特徴づけている。

玉島地区

江戸時代から港町として栄え、虫籠窓や格子、漆喰壁やなまこ壁をもつ本瓦葺き塗屋造の商家や土蔵が数多く現存し、歴史的景観を現在に伝える町並みである。


岡山県ホームページ岡山県ホームページのトップページへ文化振興課のトップページへ

お問い合わせは
岡山県環境文化部文化振興課
TEL(086)226-7903