岡山県ホームページ岡山県ホームページのトップページへ文化振興課のホームページへ

岡山県文学選奨年譜(昭和52年度から昭和63年度)


昭和52年度 第十二回岡山県文学選奨
部 門 作者名 題      名 応募数 審査員
小説 入選

難波聖爾

「吹風無双流」 27 小野 東、山本遺太郎
入選

悠紀あきこ

「声のスペクトラム」 54 坂本明子、入江延子
短 歌 入選

植田秀作

「斑鳩」 173 服部忠志、川野弘之
俳 句 入選

平松良子

「盆の母」 145 小寺古鏡、梶井枯骨
川柳 入選

藤原健二

「土の呟き」 115 丸山弓削平、大森風来子
童話 入選

和田英昭

「マーヤのお父さん」 35 岡 一太、稲田和子
総合審査 高山 峻、赤羽 学

昭和53年度 第十三回岡山県文学選奨
部 門 作者名 題      名 応募数 審査員
小説 佳作

石井恭子

「とこしえ橋」 29 小野 東、山本遺太郎

多田正平

「吉備稚姫」
入選

中原みどり

「蔦のからまる家」他二編 44 入江延子、三沢浩二
短 歌 入選

原田竹野

「二十余年」 125 生咲義郎、川野弘之
俳 句 入選

重井Y子

「無題」 191 竹本健司、田村萱山
川柳 入選

谷川酔仙

「忘れ貝」 149 大森風来子、水粉千翁
童話 入選

石見真輝子

「花かんむり」 29 三土忠良、稲田和子
総合審査 高山 峻、赤羽 学

昭和54年度 第十四回岡山県文学選奨
部 門 作者名 題      名 応募数 審査員
小説 入選

山名 淳

「五兵衛」 26 小野 東、山本遺太郎
入選

今井文代

「夜の部屋」 63 吉田研一、三沢浩二
短 歌 入選

福岡 武

「麻痺を嘆かふ」 172 生咲義郎、安立スハル
俳 句 入選

西村牽牛

「雑詠」 175 竹本健司、田村萱山
川柳 入選

西条真紀

「冬の独楽」 152 水粉千翁、長谷川紫光
童話(高) 入選

まつだのりよし

「めぐみの〈子供まつり〉」 20 三土忠良、稲田和子
童話(低)

成本和子

「むしのうんどうかい」 31
総合審査 高山 峻、赤羽 学

昭和55年度 第十五回岡山県文学選奨
部 門 作者名 題      名 応募数 審査員
小説 入選

楢崎三平

「鼻ぐりは集落に眠れ」 28 小野 東、山本遺太郎
入選

成本和子

「海からの電話」ほか二編 61 金光洋一郎、三沢浩二
短 歌 入選

中島義雄

「臨床検査室」 176 生咲義郎、小林貞男
俳 句 入選

光畑 浩

「田鶴」 189 竹本健司、中尾吸江
川柳 佳作

前原勝郎

「みずいろの月」 140 大森風来子、長谷川紫光

小橋のぼる

「十年夫婦」
童話 入選

坪井あき子

「流れのほとり」 49 平尾勝彦、稲田和子
総合審査 高山 峻、赤羽 学

昭和56年度 第十六回岡山県文学選奨
部 門 作者名 題      名 応募数 審査員
小説 佳作

深谷てつよ

「つわぶき」 15 小野 東、山本遺太郎

森山 勇

「太一の詩」
入選

吉田博子

「陣痛の時」ほか二編 33 金光洋一郎、永瀬清子
短 歌 入選

鳥越典子

「筆硯の日々」 141 服部忠志、小林貞男
俳 句 入選

難波白朝

「雑詠」 196 小寺古鏡、中尾吸江
川柳 入選

土居哲秋

「影の父」 143 大森風来子、丸山弓削平
童話 佳作

小椋亜紀

「霧のかかる日」 36 平尾勝彦、三土忠良

森 真佐子

「黄色いふうせん」
総合審査 高山 峻、赤羽 学

昭和57年度 第十七回岡山県文学選奨
部 門 作者名 題      名 応募数 審査員
小説 入選

梅内ケイ子

「つばめ」 22 小野 東、山本遺太郎
入選

高田千尋

「野良道から」ほか二編 44 永瀬清子、金光洋一郎
短 歌 入選

菅田節子

「鎌の切れ味」 138 服部忠志、中島義雄
俳 句 入選

小林千代

「雑詠」 143 中尾吸江、小寺古鏡
川柳 入選

辻村みつ子

「女」 122 大森風来子、水粉千翁
童話 佳作

足田ひろ美

「めぐちゃんとつるのふとん」 36 三土忠良、成本和子

福岡泰子

「二人は桑畑に」
総合審査 高山 峻、赤羽 学

昭和58年度 第十八回岡山県文学選奨
部 門 作者名 題      名 応募数 審査員
小説 佳作

長瀬加代子

「帰郷」 30 小野 東、山本遺太郎
入選

苅田日出美

オード・生命記憶「生命記憶」「結ばれ」「夏の涙」 55 永瀬清子、三沢浩二
短 歌 入選

高原康子

「機場にて」 126 塩田啓二、中島義雄
俳 句 入選

河野以沙緒

「雑詠」 127 竹本健司、中尾吸江
川柳 入選

小野克枝

「道しるべ」 97 長谷川紫光、水粉千翁
童話 入選

八束澄子

「だんまりぼくとおかしなあいつ」 44 成本和子、三土忠良
総合審査 高山 峻、赤羽 学

昭和59年度 第十九回岡山県文学選奨
部 門 作者名 題      名 応募数 審査員
小説 入選

山本 森

「氾濫現象」 50 山本遺太郎、入江延子
現代詩 入選

木澤 豊

「わたしが住む場所」「山は梅雨に入った」「夢ばかりで寝すごす」 60 永瀬清子、三沢浩二
短 歌 入選

佐藤みつゑ

「癌を病む姉」 160 塩田啓二、中島義雄
俳 句 入選

北山正造

「藪柑子」 171 梶井枯骨、竹本健司
川柳 入選

吉田 浪

「花一輪」 117 長谷川紫光、大森風来子
童話 佳作

足田ひろ美

「ヒロとミチコのなの花号」 55 三土忠良、成本和子

いわどうゆみこ

「ようちえんなんかいくもんか」
総合審査 高山 峻、赤羽 学

昭和60年度 第二十回岡山県文学選奨
部 門 作者名 題      名 応募数 審査員
小説 入選

森本弘子

「蝉」 40 山本遺太郎、入江延子
佳作

境  節

「いる」「朝に」「架ける」 80 永瀬清子、吉田研一

日笠芙美子

「水蜜桃(1)」「水蜜桃(2)」「水蜜桃(3)」
短 歌 入選

鳥越静子

「兄の死前後」 152 服部忠志、中島義雄
俳 句 入選

藤井正彦

「初燕」 172 梶井枯骨、竹本健司
川柳 入選

田中末子

「花によせて」 148 大森風来子、長谷川紫光
童話 入選

西田敦子

「ハーモニカを吹いて」 57 稲田和子、成本和子
総合審査 高山 峻、赤羽 学

昭和61年度 第二十一回岡山県文学選奨
部 門 作者名 題      名 応募数 審査員
小説 佳作

桑元謙芳

「名物包丁正宗」 37 山本遺太郎、入江延子
現代詩 入選

陶山えみ子

「花座標」「しぐれ模様」「植物譚」 55 永瀬清子、三沢浩二
短 歌 入選

白根美智子

「うつし絵の人」 147 塩田啓二、中島義雄
俳 句 入選

春名暉海

「雑詠」 143 小寺古鏡、竹本健司
川柳 入選

中川あきを

「独りの四季」 133 大森風来子、長谷川紫光
童話 入選

足田ひろ美

「ぼくの30点」 58 三土忠良、成本和子
総合審査 片山嘉雄、赤羽 学

昭和62年度 第二十二回岡山県文学選奨
部 門 作者名 題      名 応募数 審査員
小説 入選

妹尾与三二

「表具師精二」 41 山本遺太郎、入江延子
現代詩 入選

下田チマリ

「壁」「窓」「地図」 49 三沢浩二、岡 隆夫
短 歌 入選

六条院 秀

「農に老ゆ」 143 小林貞男、塩田啓二
俳 句 入選

丸尾助彦

「雑詠」 134 小寺古鏡、宇佐美蘇骸
川柳 佳作

尾高比呂子

「ははよ」 96 大森風来子、長谷川紫光

木下草風

「機関車よ、貨車よ」
童話 入選

森本弘子

「春一番になれたなら」 36 三土忠良、成本和子
総合審査 片山嘉雄、赤羽 学

昭和63年度 第二十三回岡山県文学選奨
部 門 作者名 題      名 応募数 審査員
小説 入選

倉坂葉子

「残光」 27 入江延子、難波聖爾
現代詩 佳作

三船主恵

「エキストラ」「オカリナ」「廃校」 54 岡 隆夫、坂本明子

長谷川節子

「舞台」「姿勢」「鍋」
短 歌 入選

飽浦幸子

「日本は秋」 145 小林貞男、安立スハル
俳 句 佳作

國貞たけし

「雑詠」 146 宇佐美蘇骸、中尾吸江

赤尾冨美子

「円空佛」
川柳 入選

小川佳泉

「想い」 99 長谷川紫光、寺尾俊平
童話 入選

吉沢 彩

「ぼく達のWH局」 36 成本和子、平尾勝彦
総合審査 片山嘉雄、山本遺太郎 

岡山県ホームページ岡山県ホームページのトップページへ