セルロース・ナノファイバーとは Cellulose Nano Fiber

セルロース・ナノファイバー概念図

セルロース・
ナノファイバーとは

 木材などの植物繊維の主成分であるセルロースをナノサイズ(1mmの百万分の1)にまで細かく解きほぐすことにより得られる木質バイオマス資源です。

 軽量・頑丈・寸法が安定といった特徴を兼ね備えることから、新たな機能を持つ素材として期待され、その製造方法の研究及び用途開発が国内外で盛んに行われています。

 岡山県内においても、豊富な森林資源という強みを活かし、多くの企業や機関で研究や用途開発が行われています。

セルロース・ナノファイバーの特徴

  • 軽量・高強度鋼鉄の1/5の軽さで5倍以上の強さ
  • 高比表面積 
  • 低熱膨張性ガラスの1/50程度
  • 植物由来生分解性、可食性
  • 高増粘性・高分散性 

期待される主な用途展開

セルロース・ナノファイバーの用途展開図。軽量かつ高強度のプラスチック、高機能電子デバイス、質感、食感を変える食品等、べた付きのないさっぱりとした使用感を持った化粧品、ガスバリア性が高いシート・フィルム

動画で見る「木質バイオマス」

ページTOP