優しい表情に癒される
石仏を訪ねて

歩いていると、時々目にする石仏たち。
その姿かたちや穏やかな表情には
ココロをホッと和ませるものがある。
たまにはゆっくり語りかけながら
手を合わせてみよう。
井原市 MAP:P46_D-4
首なし地蔵
大師堂を建て替える際に片づけをしていた
ところ、地中から出てきたという地蔵。
所在地:井原市美星町



岡山市 MAP:P46_C-3
金山寺(きんざんじ )地蔵菩薩
金山寺の登山口に立つお迎え地蔵。
所在地:岡山市北区金山寺
倉敷市 MAP:P46_D-4
線刻阿弥陀如来坐像
(せんこくあみだにょらいざぞう)

鎌倉中期の造立で県内最古の石仏。県の重要文化財指定。
所在地:倉敷市真備町尾崎
新見市 MAP:P46_E-3
矢田の石仏
県の重要文化財指定。県内で2番目に古い石仏で、表面が風化で少し見えにくい。
所在地:新見市哲西町矢田



岡山市 MAP:P46_C-4
腰投げ地蔵
「文英様石仏」と呼ばれるタイプの石仏。
田んぼのあぜ道に2体並ぶ。
所在地:岡山市北区加茂
新見市 MAP:P46_E-3
歯痛(はいた)地蔵
如意輪観音か弥勒菩薩といわれ、手を頬に当てるしぐさから
「歯痛地蔵」と呼ばれる。
所在地:新見市哲西町八鳥
   「明本寺」境内
総社市 MAP:P46_D-4
山崎六地蔵磨崖仏
(やまざきろくじぞうまがいぶつ)

高梁川の西側に位置するお堂の中にある磨崖仏。県の重要文化財指定。
所在地:総社市下原字山崎



岡山市 MAP:P46_C-4
松山長昌寺(まつやまちょうしょうじ)地蔵石仏
もともとは近くの崖に彫られた磨崖仏だったが、
1836年の地震で転落し現在の姿に。県の重要文化財指定。
所在地:岡山市北区大安寺
高梁市 MAP:P46_D-3
保月(ほづき)の六面石(ろくめんせき)どう&板碑(いたひ)
鎌倉期の石大工、井野行恒の名作。数少ない遺作の中でも、これほど大きく優れた石どうと板碑は例がないとされ、国の重要文化財指定。
所在地:高梁市有漢町上有漢