ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

防疫業務(家畜伝染病予防法)

家畜伝染病の発生予防及びまん延防止

検査

家畜伝染病予防法に基づき、ブルセラ病、結核病、ヨーネ病、馬伝染性貧血、家きんサルモネラ感染症、マイコプラズマ症、ふそ病等の検査を実施しています。また、各種疾病の臨床検査、抗体検査、導入家畜の着地検査も実施しています。
検査1
検査2

伝染性疾病の発生予察

伝染性疾病(牛:アカバネ病等、豚:豚コレラ等、鶏:鳥インフルエンザ等)について、流行予測、浸潤状況の調査を実施し、伝染病の発生予察を行っています。また、死亡牛BSE検査も実施しています。
発生予察

病性鑑定

家畜伝染病並びにその他疾病について、解剖、各種検査(細菌・ウイルス・寄生虫・生化学等)を実施し、迅速かつ的確な診断、原因究明を行います。
病性鑑定

消毒

家畜伝染病のまん延を防止するため、消毒を実施しています。
消毒