ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 医療推進課 東北地方太平洋沖地震に伴う放射線被ばくに関するご相談について

東北地方太平洋沖地震に伴う放射線被ばくに関するご相談について

東北地方太平洋沖地震に伴う放射線被ばくに関するご相談について

 東北地方太平洋沖地震に伴う、原子力施設の事故に係る放射線被ばくに関する、岡山県での状況、対応について次のとおりお知らせします。

県民の健康への影響について

●岡山県内の放射性物質の状況について
 本県では、環境放射線の連続測定を行っておりますが、県民の皆様の健康に影響がでるような値は検出されておりません。

 岡山県内の詳細な放射性物質の検出状況については、環境企画課のページをご覧ください。
●事故の前後で東北地方に滞在されていたケースであっても、避難区域内(※)に立ち入っていない限り、被ばく測定は不要です。
 なお、避難指示が出されていたため、被ばく測定の必要な住民には既に福島県内で測定が実施されています。
(※)避難区域内=福島第1原発の半径20kmおよび福島第2原発の半径10km圏内

 今後とも、厚生労働省等から提供される信用のおける最新の情報を入手し、現況の的確な把握に努めていただきますようお願いいたします。

相談窓口の設置について

 県庁内において、電話相談窓口を設置しています。

T E L   : 086-226-7322

受付期間 : 平成23年3月18日(金曜日)~当分の間
※ただし、土、日、祝日は除きます。

受付時間 :8時30分~17時00分

(なお、下記の機関でも健康相談を行っています。)

【独立行政法人 放射線医学総合研究所】(9時00分~17時00分)
・043-290-4003

関連リンク


トップページ 組織で探す 保健福祉部 医療推進課 東北地方太平洋沖地震に伴う放射線被ばくに関するご相談について