ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 岡山県警 刑事部組織犯罪対策第一課 犯罪のグローバル化の現状と課題について

犯罪のグローバル化の現状と課題について

 今日の国際組織犯罪は、世界的規模で活動する犯罪組織の我が国への浸透、構成員の多国籍化、犯罪行為の世界的展開といった「犯罪のグローバル化」を急速に進めています。その状況は、平成の初期に見られた単発的な来日外国人犯罪とは全く異質のものであり、治安に対する重大な脅威となっています。

 犯罪のグローバル化に対応するには、強盗や窃盗といった表見的な事件の処理のみに止まることなく、国際犯罪組織との関係や被疑者の犯罪行為を直接又は間接に支援している人的ネットワークやシステムを解明し、犯罪組織に対して資金面から有効な打撃を与えるなどして、これを確実に解体していくことが重要です。

 しかしながら、国際犯罪組織を支えるインフラを解明することは、彼らが仲間内でも本名を使わないなど、匿名性を保ちながら犯罪行為の分業化を進めていること、逮捕されても、本国の家族に対する危険から組織について供述しないこと、常に離合集散を繰り返し、組織間の連携を多様で弾力的なものとしていることなどから、相当に困難なものとなっています。

 この問題に対処するためには、まず、犯罪のグローバル化を支えるネットワーク等を解明、解体するため、情報の収集、分析能力を高める必要があります。また、国際犯罪組織は、国境を越えた連携の下にあらゆる犯罪に及び、全国各地を舞台として繰り返されるなど、犯行形態の国際性・広域性・多様性を強めていることから、都道府県警察が相互に部門や管轄を越えた連携を強化するとともに、外国捜査機関等との連携を一層緊密化させていくことが不可欠となっています。

 岡山県警察では、関係機関と連携を強化して来日外国人が関与する組織的な窃盗、強盗、薬物犯罪及び不法就労、不法残留等を徹底して取り締まっています。

☆このような犯罪を未然に防止し、事件を早期に解決するには、県民の皆さんの協力が不可欠です。

1 アパートはウィークリーマンション等の一室に不審な外国人が頻繁に出入りしている
2 マンション内のロビーや階段の踊り場付近等で見慣れない不審な外国人がうろついている
3 周囲を気にしながら店舗等をのぞき込んでいる
4 不審な車両が徘徊している
5 中古自動車を積んだトラックが頻繁に出入りするヤードに、見慣れない不審な外国人がうろうろして気味が悪い

等々、「おかしいな」と感じた際には、不審者の特徴や車のナンバー等を確認し、110番若しくは最寄の警察署に通報してください。


トップページ 組織で探す 岡山県警 刑事部組織犯罪対策第一課 犯罪のグローバル化の現状と課題について